スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたの職業に関するオカルトな裏話2

1 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/26(日) 16:00:18 ID:g8zmTcYx0 [PC]
あなたの職種はなんですか?
過去にどんな仕事やバイトなどをしましたか?

その道の人しか知らない、怖い体験談や裏事情等を
書き込むスレでございます。


:本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/26(日) 17:09:41 ID:B5EkF9d8O [携帯]
以前ホテル勤務でしたが、絵の裏にお札を貼るとですね、見る人がいるんです。で、部屋を替えろとおっしゃるので、

・引き出しの裏
・引き出しの中(上部)
・カーテンレールの裏
・クローゼットの扉の裏
・冷蔵庫の入っている部分の棚の上部。

などに貼っておりましたよ。


9 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/26(日) 17:31:23 ID:j2UAk7p6O [携帯]
そこまでしても
やっぱ貼らないとまずかったの?


10 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/26(日) 17:42:19 ID:B5EkF9d8O [携帯]
事故(事件、怪我、死亡など)があった部屋には、出ようと出まいと貼ります。保険みたいなもんです。



25 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/27(月) 18:34:35 ID:qUCwhm1s0 [PC]
警察オカルト第十弾

警察の業務は多岐にわたる。
遺失物の保管もそうだ。例えば珍しいペットが保護されると飼い主でなくても飼っていたと引取り人が現れる。
ごみ捨て場で現金が見つかれば自分のお金かもと多数の人が問い合わせる。
竹やぶで、用水路で現金が見つかれば二匹目のドジョウを探しに我先にと人が集まる。
そして、身元不明の遺体も警察が保管する・・・

身元不明の遺体が発見されると事件性の有無と身元確認が重要となる。
すると前述のように大勢の人が身元確認に訪れるのである。
年間3万人の自殺者、それ以上の失踪人という状況を考えれば当然のような気もするがそれだけではない理由も存在する。
それはごく稀にだが「遺体を欲しがる人」がいるのだ。
死体マニア?医者の卵?精神異常者?いろいろな人がいるがこの場合「すりかえる」目的の者がいる。
保険金受け取りのため遺体を確保しようとする人間がいるのだ。
すでに失踪していても7年経たねば失踪宣告により死亡と認定されない。
そのため身内でなくても引き取ると言う人があとをたたないのである。
実際はしっかりと身元確認をするのでそのような不純な動機が成功することは無いのだが。
いずれ遺体確保を前提に殺人計画を立てるものも現れるだろう。

もしかしたら一番怖いのは欲に囚われた人間かもしれない。



32 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/27(月) 21:41:28 ID:vTc+ZUGV0 [PC]
大して怖くもない話ですが、雑談として聞いてね。

知り合いの某タクシー社長談。(当時300台所有)
・ある時県知事から食事の招待があった。何にも雑談ばかりで実のある話は無い
 でもピンと来た、もう直ぐ選挙でした。協会として応援体制を取りました。
 その知事は後日総理になりました。今は陶芸家らしい。

・前の協会長が相当なお年なのに辞めそうにない。 そこで必殺の落とし言葉で攻めた。
 「花輪が良いか?それとも勲章が良いか?」
 判る? このままならば葬儀の時の花輪しか挙げられないが引退するならば
 政治力で勲章を申請して貰ってやろう、だから引退しなさい。と言ったのさ。結果は目出度く。

・タクシーの経営で困るのは運転手に前とか元経営者の経験で経理に詳しいのが
 多いのです。 車の値段も燃料の値段も賃金も制服の値段も判る。だから労働争議が多発する。
 運転手代表「3000万円余っているはずだ!」
 社長「3000万円あると言うならその金を目の前に出してくれ」・・こんな不毛の問答があるそうな。W



37 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/28(火) 02:06:10 ID:93nVK9K30 [PC]
医学・衛生系大学に出入りしていた頃の話。
漏れは理学系出身なので、医療関係の人には常識かもしれないけどね。


学生実習室。まあ普通の理科の実験室です。
ふだんは学生が実験台に寝そべって痛覚(痛点?)の実験とかしています。
自分がいつもの機械を使うために入ったら
学生さんが4人一組ずつで談笑しながら脳味噌をばらしてました。
解剖実習室ならわかるんだけど。普通の実験室だよ。
しかも、手袋とかワイパー(ティッシュみたいなもの)そこらへんのゴミ箱に捨てて。
実験台も拭かないし。なんかプリオンとか病原体が怖い。


別の話。
研究棟に、風流にもお香の匂いが漂っている。
匂いを辿っていったら「法医学教室」でした。
ドアの前の黒板に「○月×日○○港で発見。見学希望者は申し出ること。」
線香だったのかよ。



63 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/29(水) 12:47:03 ID:0Qt9ysR20 [PC]
60

と、オカと関係ないレスばかり書いても申し訳ないので。。。と言うことで、
怖くもないオカネタでも一つ。

俺はフリーランスプログラマーで昨年、地元の会社で作業をしていた。
その時にどう考えても誰もいないのに作業部屋を何者かが覗きにきたり、
作業部屋の前をウロウロしている人がいる。
ただ何か悪意があったり俺に対する念を持って訴えているのではなく、
普通に仕事をしているかのごとくその辺をウロウロしているだけ。

そんな時に社員の人に「ここって出るんだよね」「夜中まで残業をしていると、
誰かが壁をガンガンぶん殴っているんだよ」とのこと。
向こうはこっちが驚くのを楽しみにしていた節があったようだけど、
既に誰かがいるのは見えていたし。
そもそも「いま。直ぐそこにいるよ。」とも言えなかったし。(^^;

そりゃそうだろ。ここは昔から地元にある有名企業の分社で、
親会社は長い歴史と業務内容から新聞やらニュースで報道されるもの、
もみ消しにあって表沙汰にならない事故や自殺が相当数おきている。

まぁ。霊よりも霊が出てくるような深夜まで日常的に残業が繰り返され、
肉体的、精神的な負傷者続出が常識的な職場の方が怖いのだが。(w



79 :ゥトゥ ◆qrb2AoASSo [↓] :2006/03/29(水) 19:41:06 ID:0Qt9ysR20 [PC]
んじゃ職場的オカネタを。。。

65の最初に勤めた会社は医療関係会社の開発部門。
ところが人の出入りが激しくて俺が入社した頃には医療関係出身の人材は殆どいなかった。
でもお客からはそんなことは関係なく、当然、学術系の質問や問い合わせの連絡がやってくる。
そこで。その辺の本やらネットで調べた情報を元に対応。その情報を元に診断を進める病院。
普通に自分で医学書を読んで対応した方が確実だよ。って感じ?
有名な大学病院に総合病院の対応もしたな。

いま思うと怖いったりゃありゃしない。かなり命と直結な分野での話だったし。
あの当時は緊急事故での搬送先に知っている病院の名前が出てきたときには、
会社から緊急招集がかかってくるんじゃないかとガクブルだったよ。

そう言えば離島のドクターからのエマージェンシーコールでよっぽどパニックに陥ったのか、
過去の医療事故で患者を殺しかけた履歴を全て教えてくれたりしたこともあったよ。



80 :ゥトゥ ◆qrb2AoASSo [↓] :2006/03/29(水) 19:51:22 ID:0Qt9ysR20 [PC]
で。仕事から患者さんの血液を研究資料として貰ってきて扱うこともある。
一応、専用の場所は決めているものの、単に長机の一角をダンボールで区切って、
ビニールシートを机の上に貼り付けているだけ。

血液をこぼしたりすると然るべき方法で消毒処置はするけど・・・一応ね。
で。その取り扱い場所の1mほど横にはパートさんの作業場所があって、
パートさんはそこで弁当を食っている。

たぶんフロア中に乾燥した血液の粉末が漂っていただろうね・・・いまも。
もし中には肝炎やらHIV感染の血液があったかも知れないし。
退職後にその辺を調べて陰性だったのは言うまでもないけど



94 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/30(木) 01:52:07 ID:rNP8zVHZO [携帯]
父親はサラリーマンだったのだけれど、10数年程前に辞めました。
その辞めた理由を最近教えてもらったんですが
不正を働いた人が割腹自殺したんですって。
ハ○ックス



19 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/31(金) 01:23:33 ID:/TD7PyhTO [携帯]
死刑と言えば、
雑誌名は忘れたけどひまわりがどうたらってマンガ
が深く掘り下げていたっけな。
刑務所だかどっかの話だったんだけど、
刑務官5人で執行のボタンを押すとかは興味深かったな。
あのマンガは全て本当の話なのかな



121 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/31(金) 01:52:59 ID:qEtKkSl00 [PC]
何人かは知らないけど一斉に押すんだよな。
1個は装置に繋がってないから
押した人は自分がそのボタンにあたっていると思っていちおう納得する。

その日の勤務は終わり。いくらか臨時のお金が出る。
飲んで使い切るそうだ。

前にどっかで読んだ話で、
担当の人の娘の父親が定期的におもちゃやお人形を買ってくる。
娘はその日が来るのを楽しみにしていたが、真実を知り…


122 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/31(金) 02:12:59 ID:DePoCLJS0 [PC]
自分は1つだけが繋がってると聞いた。

ある時、1人が押したくなくて、押すふりをしたら、
そのボタンがたまたま装置に繋がっていた分だったということがあって、
「自分のボタンで人が1人死ぬ所だったのかー!」
とショックを受けたその人はそれ以来どうしてもボタンが押せなくなった

という話を聞いたことがある。都市伝説かもしれんが。



141 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/31(金) 14:20:01 ID:13sC4oh90 [PC]
昔の絞首刑ってボタンじゃなくて、レバーだったんだよね。
コントやアニメに出てくるような床からレバーが出てて右から左へ倒す奴。
アレが3本とかあって、やっぱり1つだけ床が作動して執行する仕掛け。
「いっせいーのーせ!」でガコンっとやるらしい。
だけど、ボタンと違って動作のタイミングで誰が作動レバーかバレやすかった。
それでストレスで辞めてく人が多いからボタンに変わった。

と、何ヶ月か前の「たかじんのそこまで言って委員会」でやってた。



145 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/31(金) 15:46:28 ID:/FMh9Rc50 [PC]
>115
>普通の法務大臣はハンコを押すのをなかなか嫌がるらしいけど、
>いつだか大臣になった人が舞い上がったのか、?
>ハンコをバンバンついて多数執行された時があったそうな。

田中伊三次法相。(弁護士だったから確信犯)
25人一気に死刑執行命令書に署名
&司法記者クラブ集めて「ただいま署名しました」って発表。
(さすがに記者クラブは総スカンだったようですが、俵孝太郎
(当時産経)だけは「この愚行は晒すべし」とカメラマン呼んで
数珠して祈っている田中法相の写真を撮って掲載。)

各拘置所は「大臣が署名したら1週間以内に執行」しないといけないから
パニック状態に陥ったとか。

田中法相は後のロッキード事件の際に国会の調査特別委員会委員長で
「灰色高官」名を出しちゃった人です。どうも「スタンドプレイ」がお好き
だったようです。
もっとも現在の確定者が溜まってる?現状を見ると「田中伊三次再び」
と思わないことも無い。



48 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/31(金) 16:51:09 ID:GjJ1+tyK0 [PC]
>>145
フォローサンクス。
学生時代に学校の先生から聞いた話で詳細は知らなかったもので。
でも一週間で25人ってことは土日も含めると1日に3人以上のペースだよね。



152 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/31(金) 19:13:25 ID:/FMh9Rc50 [PC]
>148
拘置所一つじゃ無いから大丈夫(って問題か?)
日本で死刑執行が出来る拘置所は
東京・大阪・福岡・仙台・名古屋・広島・札幌(の筈
高松はナシ)

昔(1963年迄)は東日本は仙台にしかなかったので
死刑囚を仙台に送っていたから
「仙台送り=処刑間近」と恐れられていた。
ただ田中署名時に仙台だけだったかは不明

他スレで盛り上がってる?「小松川女子高生殺し」
の李珍宇も仙台に送られて処刑されています。



159 :本当にあった怖い名無し [] :2006/03/31(金) 21:27:48 ID:/FMh9Rc50 [PC]

刑務所の係官で死刑反対論者多いですよ。
要は「罪を悔いて反省している」姿しか見てないから。
大阪拘置所長の玉井さんの立場もそう。

ただ、警察・検察は基本死刑賛成
「悲惨な現場や死体の状況見てるから」
とのこと。
叔父が現役当時一時某県警捜査一課にいましたんで
話を聞いたことがありますが腐敗してクビに
ロープ巻かれた遺体発掘現場では手を合わせて
「必ず犯人捕まえて死刑にするから成仏しろよ」
と手を合わせたとのこと。
そのお蔭?霊体験も無ければ犯人逮捕でお礼に
出てきたことも無いようです。(私も見たこと
無いから体質かな?)



180 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/03/32(土) 11:32:17 ID:CRms2ZoL0 [PC]
愚かの日ですがほんとのはなし。

医療・福祉関係の仕事。
私はいわゆる「現場」ではなく、専門職です(でも事務)。

今の職場は相当のどかではあるものの、土地としてはそんなに嫌な感じのする所ではないので
不思議な体験をしたことはありません。
私は見えませんし、多分聞こえないと思いますが、「ここ嫌だ」と感じることはあります。

以前の職場での話。
職場スペック
老人関係。
山奥。それも超山奥。近隣には有名な墓地公園がたくさんあり、全国的にも
2ch的にも有名すぎるオカスポもいくつかあります。
同じ敷地内に病院。精神科。
比較的古くからある精神科病院なので、詳しくは知りませんが非人権的な対応も
きっとたくさんあったと想像できます。

民家はありますが、見える景色は山とか森でコンビニすら車距離。
昼間は職員もたくさんいるのでなんてことない職場です。
残業がとても多い仕事でした。毎日9時10時。
職場に泊まることもたまにありました。


続きます。


181 :つづき [↓] :2006/03/32(土) 11:35:15 ID:CRms2ZoL0 [PC]
さて、事務所の人間は1人、また1人と帰宅して残っている職員は上階にいる夜勤スタッフだけ。

同期で仲のいいリハスタッフがいて、よく私の車で一緒に帰っていました。
彼女は上のフロアーで夜勤スタッフのお手伝い。私は事務所でぽつんと記録作業。
と、「コンコン」とかすかにノックの音がする。最初は気のせいかなぁと思って作業をしてました。

「コンコン・・・・・コンコン・・・・・・・・・・コンコン・・コンコン・・・」

しつけぇよ!
よくよく考えると、事務所出入り口は音がする辺りよりも奥。
だいたい、こんな遅くに事務所に用事があるのは夜勤スタッフだけだからノックなんかしない。
事務所内には仕切りの壁があったんですが、どうもそこから音がする。

「コンコン・・・・・コンコン・・・・・・」


即リハスタッフに内線。(この子はよく見える人)
「すぐ事務所来てくぁwせdrftgyふじこlp;@」

「すぐ行くから」と、彼女と休憩中の職員が下りてきました。
音はやんだけど、彼女は「今日はあんまいい感じしないかも・・・」とか言うし
もう仕事とかどうでもいいし怖いので、この日は帰りました。

1年半ほど勤めてましたが、壁ノックはこの時だけ。


・・・ノックはね。



217 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/02(日) 14:36:21 ID:xtzxV3sk0 [PC]
子供の頃、見世物小屋で「牛女」を見た。看板では、牛の体に人間の顔で、
「こりゃ、すげーわ」と思ったが、中に入ったら、ただの脚に障害のあるおばさんだった。
がっかりした。それでも、芸を持っていて見せてくれたから、だまされたとまでは
思わなかったな。

おばさんと言っても、「ヤクザの中のヤクザ」と結婚してそうな感じのひとで、
一目見てカタギではない感じの人だった。



228 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/02(日) 22:56:39 ID:CDP20cB80 [PC]
某医療系の専修学校で事務のバイトをしていた時の話。

上の方でも医療系だと検体の管理が適当って話がありましたが、ここでもそうで…
実習に使う為の検体(人間の臓器・冷凍保管)が、給湯室で何気に解凍されてたりしました(@@

そんな環境なのでオカルト現象も多発しており…お祓いも検討されていたようですが、
「ほぼ全て輸入された検体で日本人ではない」ので、お坊さんを呼んでも効果ないかもなーって
話で、私が働いてる間には実行される事はありませんでした。


229 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/03(月) 00:43:55 ID:znqE8S2X0 [PC]
>>228
あ~それでひとつ思い出した…。直接228さんの話とは関係ないんだけど。
自分は彫刻やってる。二十年くらい前の話になるかな。

昔、骨格標本を扱って勉強したんだけど、
その標本の体と頭(頭蓋骨)の色が違ってて、
「なんでコレ、色が違うの?」と尋ねたら、
「体と頭は違う人だから」
「へ?なんで?」
「こういう標本は標準的なかたちにしないと意味が無いから、いいとこ取りして組むんだよ」
てなことがありました。
それは'70年代や'80年代にインド辺りから輸入されていたものなんだそうです。
彫刻としては、骨は白人のものがベストでインド人は分類上は白人になる。
インドでは、死んで後、お金にするために輸出していたんだそうで。

今は人権問題とかでそういう「骨だけ」の輸入はないそうですが…。当時はいやな気分でした。
…今は樹脂製の標本とかがありますから、これで勉強はしない、と思います。
(自分たちがそういう模型の原型を造るために「本物で」勉強したわけです。)

文化的な仕事の中でこれですから、医療的なことであれば、何でもアリなんでしょうね。



242 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/03(月) 22:00:38 ID:IbOue7sH0 [PC]
よくダム工事で何人死んだとか聞いたことあるでしょ
あれ実はね事故死ではないんですよ
親方が突き飛ばすの勘定日が近くなったらね
なるべく独り者を・・・



243 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/03(月) 22:06:56 ID:fmNz1qGj0 [PC]
都市伝説スレなのか、ここは?


244 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/03(月) 22:26:56 ID:6GSzNDmq0 [PC]
元土方の友達が言うには親方が突き飛ばすようなことは無いって言ってたぞ。
ただし高層ビルとか大量にコンクリを流し込むような現場の場合には、
そのうちの何日間かは早い時間に帰されることがあるらしい。

なのに翌日にはきっちりとコンクリートが流し込まれた状態に。。。
ガタイの良い紋々背負った妖精さんが夜の間に手伝ってくれるんだってさ。(w
幾つかそう言ったビルの所在地を聞いたけど、
もし偽装マンションがその中にあったににゃ。。。ねぇ。
解体してみたら中から人が。。。



249 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/03(月) 23:55:01 ID:sEBYAdFW0 [PC]
人間に一人を完全に埋め込むってのも、意外に大変じゃないのかな?

工事が終わった後の検査(超音波でも使うんかな?)で、壁の中に隙間ができてるっぽいってんで
掘り返したら野良犬の死骸がでてきた事があった。
どこで混入したのかは全くもって不明だけど、人間より遥かに小さい犬の死骸でも検査で発見されちゃうくらいですし


250 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/04(火) 00:09:11 ID:LpYFkglN0 [PC]
>>249
へぇ~、そうなんだー。
やっぱりちゃんとそう言うの検査してるんだね。


251 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/04(火) 00:18:47 ID:nRJXARgk0 [PC]
>>250
姉歯の一件があったから今はもっとちゃんとやってるかもね。
まぁそうしてくれた方が安心だし、有り難いよ。



258 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/04(火) 13:21:56 ID:BbrGxWbWO [携帯]
自分の書き込みが本当にスレタイに合致してるか不安だけど、一応投下。

私は個人でピアノ教師をやっていて、自宅や生徒の家で教えることが多いんだけど
ホールなんかにある小さなレッスン室で教えるときも時々ある。
いろんな場所に行ったけど、ピアノを弾くと必ず、指が無くなる夢を見る部屋があった。
夢の中でピアノを弾いていると、根本からごっそり指が落ちていく。
かなりリアルで気持ちが悪い夢だった。
生徒が違っても皆必ずその夢を見るみたいで、そのレッスン室は最近使ってない。
なんでなのか未だに気になる、不思議な話。



284 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/04(火) 22:21:26 ID:H4TTEN1T0 [PC]
職業に関することなのかは微妙だけど自分の体験

広告代理店に入り立ての頃、
まだ仕事に慣れていないため要領の悪い自分はしょっちゅう会社に泊まってた
終電が無くなる時間には事務所に自分一人だけになる

12時をすぎたあたりから、事務所のあちこちで「ゴト」「コン、コン」「バン」など物音がし始める
机にある書類が拾っても拾っても床に落ちる
ひどいときは、積んである段ボールが崩れたり、FAXがピーピーいったり
最初はものすごく怖かったけど、1ヶ月もしたら馴れてしまった

ある時、また一人で泊まり込んで仕事をしているときに
使っている書類を何度も落とされたので、イライラして
「今、忙しいからちょっと静かにしててくれる?」って言ったら
仕事が終わるまでピタッといたずらが止まった

以前からなんだか子どもっぽい雰囲気を感じていたんだけど
この一件でもしかしたら本当に子どもだったのかな?と思った

1年後にこの事務所は引っ越すことになったんだけど、一度だけ小さな影みたいなものを
事務所の入り口で見た気がする

もちろん、同じフロアの会社の人の中にも同じ体験をした人が何人もいて
そのうちの何人かの人はやっぱり子どもじゃないかって言ってた

いまでのあの子はいたずらして遊んでいるのかな~とたまに思い出す



301 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/05(水) 17:22:18 ID:Z52f2C/s0 [PC]
前に出た電気工事士だけど。

電気の話が出たので俺もひとつ。

あるビルで電源の切り替え工事をしていた。
休日で閑散としていたビルの中で
電気送電を一部遮断して行っていた。

電気が生きていると感電してしまうので
大きな声で確認していた。

「おーい、死んでるか?」
「はい、死んでいます」
「間違いないな」
「はい、ちゃんと殺しました」

ふと顔を上げると廊下を休日出勤らしいOLが
小走りに走っていく。

「死んでるとか殺すとか大声で言うから
怖がってるじゃないか」といって笑っていた。

15分ぐらいあとのこと。
切り替え作業に熱中していると誰か背中をたたく。
振り向くとビル管の人と警官が2人。

OLが110番したらしい。
警察沙汰になったということで
あとで大問題になった。



307 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/05(水) 20:11:00 ID:dx9oJD5E0 [PC]
>>301
笑ったw
俺、建設会社の社員で基礎工事なんかも時折やるんだが。
生のコンクリートをコンパネの型枠に流し込んで、満遍なく行き渡らせるのと
コンクリ中の空気を抜く意味で攪拌するわけね。
そこで登場するのが「バイブレーター」

作業員「おーい、そこにバイブつっこんでかき回せー!!」

……いやまあ、沿道に人通りの多いトコだとなかなか恥ずかしいですよ?
割と通行人が振り向いたりしますよ?



420 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/11(火) 19:06:37 ID:zMW9/NlGO [携帯]
牛肉のウジとりって誰か聞いてない?
腐りかけの一番うまい時の牛肉を調理するには
欠かせないって聞いた事あるけどほんとかな?



454 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/12(水) 16:03:05 ID:tU2lmo4pO [携帯]
私の妹は精神保健福祉士。
いわゆる精神病院・病棟なんかで働いています。
もともと明るく社交的で、気丈な妹だったのに、働いてから急変。
毎日毎日大量の薬(安定剤・睡眠剤等)を服用し始め、ゴハンを食べなくなり、どんどん痩衰えていく。会話もまったく成立しない。
親と話し合った結果、妹に退職を薦めた。すると、
「職員みんな薬飲んでるよ」
ですって。

怖い業界だと思いました。



456 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/12(水) 17:06:10 ID:FBxjhXY60 [PC]
>454
妹カワイソス。
病んだ人を診る人が病んでいくって…。

そういや知人の親が精神科医で
白い車に乗っていたんだけど、退院した患者が
車体にめいっぱい恨み言を書き連ねるという嫌がらせをされたって。



471 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/12(水) 22:08:32 ID:mvMkDIaY0 [PC]
名古屋近郊のB落(J町S地区)のお話

とある新聞営業マンがB落としらずにS地区にセールスに出かけました
1軒目「いいよ~!ちょうど新聞取ろうと思っていたから」
2軒目「大変ね~!うち新聞どこでもいいから入れといて」
行く家行く家すべての家が契約をしてくれます
20件訪問し、15件もの家が契約をしてくれました。
それもロング契約(1年以上)というありえない数字で。。
セールスマンはウハウハな気分で販売店に帰っていきました。

翌日。
販売店の従業員が契約の確認のためS地区に行ったところ、契約したすべての家で
「はぁ?そんな契約してませんけど」
との返事が返ってきました。
その報告に驚いた販売店の社長は、すぐさまその営業マンを呼びつけましたが
「え?そんなことは・・」
とただただ狼狽するばかりです。
新聞の営業マンの中には架空の契約をでっち上げてお店に提出し、
契約料を騙し取る人もごく一部存在するのですが、その営業マンはまじめで有名でしたし
そもそも15件もの架空契約を作って騙しきれるはずはありません
そのような無謀なことをするものがいるはずありません
結局、クーリングオフの扱いでこの件は処理されることになりました



472 :471 [] :2006/04/12(水) 22:21:03 ID:mvMkDIaY0 [PC]
何故、このようになったのでしょうか?
考えられる理由はひとつ
「その地区の人全員が最初から取るつもりもないのに契約して新聞の景品を騙し取った」
ということです。
新聞の契約にはビール券などの景品がついてきます。
それも長い契約であればあるほど多くのビール券をもらえることになります
それを利用して、ビール券を騙し取ったのではないかと・・
もちろんクーリングオフになれば、景品を返さなければならない(という業界ルール)のですが
その業界ルールは法律では通用せず、むしろ法律では返さなくてもよいことになっているので
それを利用したのではないでしょうか?
もちろん、その営業マンS地区にが来ることを知っていたわけではないので
グルになっていたわけではありません。
全員が全員「騙しても大丈夫だろうw」と思ったのでしょうか?
もしくは、営業マンが去った後に皆で共謀したのかもしれませんが
一件たりとも契約どおりに新聞を取らなかったのが一番のオカルトでしたw

その事件の後
販売店ではS地区全体を「セールス禁止区域」にしたのでしたw



478 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/12(水) 23:27:45 ID:NBT0D8Qo0 [PC]
ホテルに勤めていたときの話。
僕はそのホテルの飲食店のウエーターとして働いていた。
そのホテルはホテル内で使うご飯をすべて
最上階のバンケットルーム(宴会場)の厨房で炊くしきたりがあった。
炊けたご飯は大きな「おひつ」に入れて小分けにして各レストランで使うことになっていた。

或る日の深夜、明朝ご飯を入れてもらうために、
空になったおひつを最上階の厨房に持ってエレベータに乗り込んだ。

深夜1時。
すでに真っ暗になった最上階バンケットルーム。
その厨房は誘導灯の緑の幽かな明かりに照らされ、
洗って水きりされた食器さえも不気味だった。

おひつを指定の場所に置いて、恐々エレベーターに向かって踵を返した。
エレベーターが来るのを待つ間も背後の暗い廊下から
何か追ってきている気がして振り向くことも出来なかった。

やっとのことでエレベーターが来て、半ば転がり込むように乗り込んだ。
左手で1階を押して、「閉」を連打した。

扉が閉まり始めたのと僕が振り返ったのがほぼ同時。
そこには…。
閉まりかけたドアの間の暗闇にいたのだ。
異形のモノが。

つづく



491 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/13(木) 00:08:15 ID:LxwolsaB0 [PC]
>478のつづき

閉まりかけたエレベータドアの間。
暗闇の中に居たものは、身長180センチくらいの帽子を被った白い服を着た男だった。
エレベータドアが閉まるのを唖然として見ているしかなかった僕は、
ドアが閉まった瞬間その場にへたり込んだ。

自分の勤める店に戻った僕の顔色は青ざめていたのだろう。
店長が「おい、○○どうした。何かあったのか?」
僕は今見たモノを話した。
すると店長は驚くでもなく「なるほどな…」と言った。

そして、訊ねたわけでもないのに話し始めた。
「おまえの見たのはな、先代の社長だ」
「え?」

店長の話はこうだ。
先代社長は旧陸軍の「陸軍○野学校」出身の兵隊だったそうだ。
年齢の割には長身。颯爽とした紳士だったという。
先代は学校時代のOBと思われる人と度々会合を開いていた。
そう、最上階のバンケットルームで…。
そしてその会合は決まって軍服着用がしきたりだったという。

僕が見た白い服の長身の男は、軍服を着た先代社長だったのだ。
先代社長は戦後ホテル業を興し成功したかに見えたが
或る日、「自殺」とも「他殺」ともとれる謎の死をとげたのだそうだ。

○野学校と言えば、要するにスパイ養成学校。
謎の死については様々な臆測がささやかれたが、
真相は今もってわからないとの事だった。
そこまで話し終えた店長は、最後にこう言った。
「この事はあまり他に話すなよ。俺はまだ社長みたいになりたくないからな」



498 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/13(木) 01:06:37 ID:vQSPhn9K0 [PC]
火葬関係の仕事をしています。
20年以上前のことですが、火葬場で家族が最後の別れをし、
棺を焼却炉に入れている最中、家族の方(確か喪主)が何かに気づいたようで、即刻火葬を中止するように言われました。
なぜ火葬を中止したかというと、亡くなった方の心臓にはペースメーカーがついていて、
そのペースメーカーにはプルトニウム電池が使われていました。
プルトニウム電池ごと燃やすところでしたよ。
まぁ、極少量のPu238が飛散してもそれほど被害はないかもしれませんが、
ちょっと怖かったです。



508 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/13(木) 16:56:45 ID:D8Qd0Ro40 [PC]
やっぱり病院の話は多いんですね。
私も現役ナースですが、生きている人の方が怖いです。

ウチ(外科)のドクターはけっこうS入っている人なんですが、
爪をはがす処置の時など、麻酔の効くギリギリ「手前」で、始めちゃうんです。
メリメリ音をたてて剥がされる爪に、患者さんはギャーッって叫んでますよ。
「わざとじゃないよ~」って言ってる目が輝いてます。
そーゆー私も好きな人の腕に注射してみたくて、そんな妄想がオカズの自分にオカルトです。

ちなみに私の母もナースですが、母は本物のオカルト体験、多数持ってます。



569 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/15(土) 23:41:51 ID:qLx6OT4R0 [PC]
俺、以前舞台で大道具やってたけど、一日の最後に照明の落ちた真っ暗な舞台を
横切ると、すげえ気持ち悪かったな。
古い舞台だと、何百人何千人の手垢というか、汗というか、体液がしみてて、
それ自体がひとつの存在みたいになってるからな。
もちろん客席はまたものすごい人数の人が往来する場所だし、相応の雰囲気が
あるね



577 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/16(日) 04:15:23 ID:VlqhVcy/0 [PC]
職場というか内職者なんで、家での事。
同じ町内のおじさんはいつもベレー帽をかぶっています。
新聞屋でバイトしていて、朝方四時くらいに私の家の前を通ります。
私は当時、夜から朝方まで内職をして、ベランダで一杯飲んでから就寝て
生活をしてまして、平日は毎朝、バイトに出かけるおじさんを見かけました。
ある日、同じく町内に住んでいる祖母から電話があり、葬式饅頭をもらったから
とりにおいでと言われ、誰が亡くなったのか知りゾッとしました。
ベレー帽のおじさんでした。
新聞を配っており、マンションの階段で心臓発作を起こしたそうです。
けれど、亡くなったのは一週間前、葬式は昨日・・・
私はおじさんを幼少の頃から知っており、見間違えません。
今朝も、昨日もおじさんが仕事に行くのを見てました。
自転車で橋を渡って行く、いつものベレー帽姿です。
それ以来、朝方ベランダに行くことはありません><
奥さんだったか、組合費に手をつけて、その返済で大変だったそうです。
早く成仏して、ゆっくり休んでほしい;;



588 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/16(日) 12:59:51 ID:+BGvx4gs0 [PC]
20年近く前の話。
食肉加工会社で働いてた時、同僚がミンチ製造機の清掃をしていた時に、
誤って電源が入ってしまい見事に中指第一関節を持っていかれた。
指の肉は完全に削がれ、小さく指の骨が露出した状態に。
病院はその突出してた骨をペンチみたいなのでパチンと切り、
指の皮を引き伸ばして縫合・・てな処置をとった。

何年かしてその知人に会った時、改めてその手を見せてもらったが。
確かに中指は1関節分短くなっているものの、ちょっと見にはわからない程だった。
一番驚いたのは、その短い中指に爪がちゃんとついてた という事実。
その人は「自然に生えてきた」というが、爪って再生するものだろうか??と非常に驚いた次第。
不謹慎かもだがヤの人とかの指もそうなのだろうか?と考えてしまった。

微妙に板違いだったらスマソ



595 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/16(日) 15:54:10 ID:MtMH3piKO [携帯]
新生児は指くらいなら再生する。


596 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/16(日) 17:30:55 ID:wUwFpFhN0 [PC]
>>595
細胞分裂&成長が活発な新生児なら、
再生するケースが多いって俺も聞いたことがあるな。



725 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 12:34:32 ID:xdwNM+720 [PC]
SEをやっていて何日も徹夜が続いた深夜
システムを月末までに仕上げなければならなくて食事も中々取れず
朦朧としていた。そのときキーンと金属音がしたと思ったら、入室制限の
ある部屋のキー解除の音がして誰かが入ってきた。それでも振り返って
相手している暇は無く黙々とキーを叩いていたら、方をポンポンっと叩かれ
「これくらいにしておけ、明日助っ人が来るから、おまえはもう帰れ」と
言われた。自分でも限界だと思ったので「そうですね、ちょっと休ませていただきます」
とふりむいたがそこには誰もいなかった。手の感触もちょっとグリーンノート系の
コロンの臭いもしたのに。自分でもちょっとおかしくなってきたかと、苦笑いしながら
会社を後にして、次の日出社した。
昨日のことを次長に話すと、ちょっとした沈黙の後、自分の前任のSEが体壊して
ちょうど一年前に亡くなっていた、コロンはすっきりするために
グリーンノート系を使っていたということを淡々と話してくれた。
「このままじゃ君も体壊すからちょっと人増やすか」と、すぐ助っ人要請して
くれたのだが、助っ人の事は限界ギリギリまで寝ないで働いた自分の幻覚だろうと
話していなかったのに、その時は鳥肌がたったよ。
なんか、心の中で「ありがとうございます」と手を合わせてみた。



729 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 17:58:26 ID:w3oI3DxV0 [PC]
交通事故の後遺症で心療内科に通っていたとき
パキシルという薬を、製薬会社が出している錠剤の最小量を半分にして処方されていた。
服用している間にどんどん健康回復して、薬物ってすごいんだなと思った。
と同時に、診察のときに先生からの質問に答えていると、気の持ちようをさりげなく修正されたり
示唆されたりしてるのがなんとなくわかって、こういうテクニックってすごいけど、
先生はこういう(病的なネガティブとか、もろ病気の精神状態とかの)気を
背負ったりしないんだろうかと思ったりした。
待合室には、明らかに躁な人とか、いまにも泡吹きそうな興奮状態の人とかもいたので。

で、ほとんど治りかけたころ、話の流れで、患者(私)への励ましのためとかそういう感じではなく
先生もパキシル40g(いちばん量が多い錠剤)を朝晩飲んでるということを自分でおっしゃった。
手が悪い足が悪いと違うものを診ると
バランス取るためにそういうことも必要になっちゃうのかなあと、そのとき深く思った。



732 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 19:50:14 ID:ZqZkM1CL0 [PC]
歯科医院の受付をしています。
木の芽時になると「踵が痛い」とか「へそが痒い」とか
歯に関係のないことで来院される方がチラホラ…。
「うちは歯科医院なので口腔内以外のことはわかりかねます」と
お断りするのですが、一昨日の昼にいらした患者さんは
「歯にチップを埋められたから外してくれ!今すぐに!
追われているんだ。早く取ってくれ!」と
物凄く真剣な顔で訴えてきた。
私もとても真剣な顔で「そういったものを外すには
特殊な器具が必要なのですが、当医院ではそれらの器具が
揃っておりません。大変申し訳ありません。」と頭を下げたら
納得して帰ってくれた。
たぶん統合失調症?だと思う。
怖がったりしたら失礼だなとは思ったけど、
でもやっぱり怖いもんは怖い。


733 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 19:51:31 ID:ctnb+gZsO [携帯]
風俗なんですが、たまにワキ毛にカビ?が生えて固まって束みたいになってる人がいます…

やっぱ臭いもスゴい。
しかもパンに出るような青いやつ。
見た目さわやかそうなサラリーマン風の人がそうだったりします。



734 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 20:16:46 ID:9YfXd0fi0 [PC]
性的感染症の一種なのかな?



736 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/04/23(日) 20:47:42 ID:DK+YH9rB0 [PC]
>733
当方看護師。
それ、水虫じゃないかな?
足の指だけじゃなくて、不潔にしてると脇の下とか
汗をよくかく場所に出ることあるよ。
太った人で乳の下とか、三段腹の肉が重なった間に
出てるのもよく見る。
皮膚がただれているのに白っぽく、健康な皮膚との間に
くっきり境界ができてるように見えるなら、その確率が高い。
触らないように気をつけて。



772 :本当にあった怖い名無し [] :2006/04/28(金) 13:12:11 ID:8Gn0CG5lO [携帯]
動物病院で動物看護士をしていたとき。
猫の帝王切開の手術があったんだが、手術が終わって
出てきたのは母猫だけ。子猫はどうしたのか、と思ったら、
新聞紙にくるまれて捨てられていた。
飼い主が飼えないから、だそうだ・・・

その先生は注射器も薬もゴミの日に出す。助手である旦那も
いつの間にか捨てられていた。なんでも捨てる人なんだなぁと思った。



917 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/05/03(水) 18:32:11 ID:Ti42Xf/20 [PC]
>>912
事前テストの豚の丸焼きなら、おkかもね。
火葬場関連で家族から聞いた話を思い出した。
市内の火葬場職員は、昔は住込みだったそうだ。
その住込み職員の中に「家庭菜園」が趣味の人がいた。
よく豊作の野菜を役所に持ち込んでは「よく、育つんですよね!」と嬉しそうに皆に振舞った。
当然、その職員が帰った後は、誰も野菜を持ち帰るものは無く、無駄に腐らせてばかりいたそうだ。
焼き場近くの土では、野菜が良く育つ!



973 :本当にあった怖い名無し [↓] :2006/05/06(土) 09:10:49 ID:tVvFg6Fi0 [PC]
最近、私も鉄道事故に遭遇しました。
急行に乗っていたのですが、止まっていた駅で、
次の停車駅で人身事故があったので、少々お待ちください、とのアナウンス。
ここで10分ほど停車時間が延び、ここで帰りが遅れる、と電話した人が数人。

走り出して、当該駅手前で、「申し訳ありませんが、警察の調査がまだ済んでませんので・・・」とアナウンス。
(その後も、何度か申し訳なさそーな声で運転手さんの同じアナウンスあり)
10分ほど経過・・・乗客が家に帰りが遅れると電話を始める。
20分ほど経過・・・パタパタという音がしだす
(みんながヒマツブシに始めたケイタイのゲームに飽きてケイタイの蓋を閉める音)
30分ほど経過・・・車内がざわざわしだし、「救急車が見えるぞ」などの声。

35-40分・・・やっと動き出す。

駅員の方、ご苦労様です。
その後、通学に利用してますが、今のところ、オカ話はありません。

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1143356418/1




関連記事



[ 2011/01/18 17:11 ] 実話 | TB(0) | CM(1)

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
[ 2011/02/24 21:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/114-6a912184





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。