スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実話恐怖体験談 その22

1 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/07/01(木) 09:29:51 ID:Kaz5coIP0 [PC]
皆さんが実際に体験した恐怖体験、 ...だけを語りましょう
作り話は駄目です。



27 :本当にあった怖い名無し [] :2010/07/06(火) 00:08:02 ID:hns9ZbH10 [PC]
何年か前に住宅地をバイクで走ってたら、
いきなりチェーンソーとかノコギリ持った団体(50人は居た)が飛び出してきて
喚きながらこっちに向かってきた。
必死で方向転換して逃げたけど、ありゃ何だったんだ。おしっこちびったぞ


59 :本当にあった怖い名無し [] :2010/07/16(金) 12:21:11 ID:5cllzXSM0 [PC]
実体験です。

ゲームを取りに二階にある自分の部屋に行った時の出来事です。

時期は冬で夕方だったので薄暗かったんですが、
ゲームを取りに来ただけなので部屋の電気はつけませんでした。

でも、部屋の奥にあるクローゼットを一瞥したときに硬直しました。

クローゼットの前に雛人形が二体並んでいました。
もちろん最初から置かれていたわけではありません。雛祭りも時期外れです。
怖い事を考えていると、錯覚で怖いものにみえてしまうとよく聞きますが、
(正直、自分もそれだと思ったんですが)
硬直したままずっとみていても、消えませんでした。

大声でお母さんを呼ぼうとしたその時、雛人形の首だけが動きました。
(まるで二体で会話をしているようでした)
それで、お母さんと大声で叫んだら二体ともすぅ、と消えていった。
親にいっても信じてもらえませんでした。

長レス、すいません。



115 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/07/24(土) 08:52:02 ID:nK9jhMdb0 [PC]
実家で、2階の俺の部屋から兄貴の部屋まで歩くような音を家族全員で1階で聞いたことがあったんだけど、
ある日、兄貴の部屋の壁に人の手形みたいなシミがはっきり浮かび上がって兄貴がむちゃくちゃびびってた。

「急に手形が浮かぶようになるとか幽霊が怒ってる」
とめちゃくちゃびびってる兄貴がおもしろいので、

「手形がパーからグーになったら相当怒ってるよね」
と言ったら、
兄貴が笑いながら本気でグーパンチしてきた。
怖かったです。



163 :本当にあった怖い名無し [] :2010/08/05(木) 20:22:01 ID:pmR1pWSk0 [PC]
これって混線かな?
彼女が妊娠して産みたいと言ってたが、当時結婚する考えもなく
中絶する事になった。その後、一ヶ月位経ったかな・・彼女と携帯で電話してた時、

突然、異音と共に「お父さん・・」と言う小学生、低学年位の声がして電話遮断・・

彼女の嫌がらせかと思い、怒りまくってリダイヤル。彼女には声が聞こえてなかったとの事。
彼女も俺の言動に???な感じ。。。
今思えばなんだったのだろう。混線にしてもあの状況であのセリフって・・


164 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/08/06(金) 01:48:23 ID:a2cIXIb/0 [PC]
自分でもわかってんだろうが
あれが混線の訳が無いって
でもあんまり気にしないほうがいいよ、次に彼女が妊娠したら卸すなよ



169 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/08/07(土) 16:55:38 ID:l+57pYBk0 [PC]
混線で他人の通話が入るとか聞いた事ないな。

たとえば、彼女が通話していたのが自宅だったなら
偶然テレビのリモコンに触ってしまいテレビ音声が入ったとか考えられる
通話が突然途切れるとかは、都市部なら数年前までは普通にあったし。

何でも霊のせいと思うのは良くないと思うなあ。


しかし、ここはオカ板だからあえて忠告しておこう
気をつけろ…日常生活で何かがおかしいと感じたら直ぐに対処したほうがいいぞ…

ま、水子霊なんてインチキ臭えけどな。



312 :1/2 [] :2010/09/13(月) 03:41:13 ID:GPsDI1h60 [PC]
俺が大阪で大学生のとき途中から一人暮らしを始めることになって
家賃月15000円の格安文化住宅に住むことになった。部屋は四畳半
で水道は水しか出なくてもちろん風呂なしでトイレは共同。

裏に銭湯があるし、わりと近くにちゃんとしたワンルーム借りてる
友達がいたからそこでシャワー借りれるからいいか、ということで
この物件に決めた。

こんなボロ屋でも兄弟が多くて自分の部屋ってものが無かった俺に
とっては城のようで毎日がたのしかった。

しかし、ある日の夜中にハッと目が覚めてトイレに行く事にした
俺の部屋は2階建ての2階で入り口から階段で上がってすぐの所
にあって、トイレは廊下を挟んで向かい合った部屋の一番奥にあ
った。





313 :2/2 [] :2010/09/13(月) 04:02:17 ID:GPsDI1h60 [PC]
廊下は蛍光灯が一つ付いてるものの薄暗くて不気味だったギシギシ
きしむ床をゆっくり進み、トイレにたどり着いた。扉を開いた瞬間
目に光が差し込んだ、俺は誰かが消し忘れたんだなっと思って気にも留めなかった。
そして2つ並んでいる大便器の扉のうち迷わず左の扉を開いた。

そしたら、いたのだ
おしりを丸出しにした80代くらいの老婆が

そして老婆はこう言った「ごめんねぇ・・」

俺は何も言わず扉を閉めて自分の部屋に足早に帰った。
俺は後悔している
謝まらなければいけないのは俺の方だったのかもしれないと



317 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 05:45:51 ID:XBIliz2w0 [PC]
これは俺が高校を卒業して友達と肝試しにいった時の話だ
当時 映画のビーバップハイスクールが流行っていて
映画館から出てきて野郎共は全員ヤンキーそんな時代だった

当然友達は全員ヤンキーで
ヤンキーみんなで肝試しに向かった
場所は中国人墓地で戦争時代に日本軍人によって
惨殺された中国人達の墓地だ

そこは山の山頂近くにあり
そこまで車で細い道を中国墓地のある所までいき
そこが少し広くなっているのでUターンして帰ってくるというコースだった

そこはかなりの確率で出ると地元でも有名な心霊スポットだった


318 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 05:55:32 ID:XBIliz2w0 [PC]
ヤンキー達が集まってワイワイしながら
車の免許も取り期待に胸を膨らませ
ワクワクしながらドライブ感覚で山道を車で走った

でも俺は少し怖かったので当時、大好きだった
B'zのCDを聞きながら車を走らせた

噂では山道が一番やばいと言うことだったが
特に何も無かった
そして中国墓地に到着した
慰霊碑の前で写真を撮ったりワイワイ騒いでいたが
結局何も無かった


319 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 06:12:53 ID:XBIliz2w0 [PC]
時計を見ると夜中3時を回っていたので
何も無かったし帰ろうぜという事になり
最後に一服して帰ることになった

ヤンキーの中には大抵空気を読まない本物のバカがいる
友人のTもその部類だ

Tが突然タバコを捨て叫びだした
T「ああ 納得いかねぇ なんで俺達の時は出ねーんだよ」
T「てかよ~みんな俺達の事騙したんだ」
他 「騙したって・・・」
T「だってなんも無いじゃねぇかよ」
T「何が中国墓地だよ」
といいながら足元の石を広い慰霊碑にガンガン投げだした



320 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 06:19:58 ID:XBIliz2w0 [PC]
周りの友達もテンションがなんだか良くわからないが
慰霊碑に向かって石を投げ出し
夜の山に慰霊碑に石が当たるカツゴツと言う音が響いた
俺はビビッてたので参加はしなかったが
Tが何ビビッてんだよ
お前もやれやこんだけやってんのに何も起きないだろ
っといった時に慰霊碑を照らしている照明が全て消えた


321 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 06:39:53 ID:XBIliz2w0 [PC]
俺達は叫びながら車に逃げ帰り
エンジンを掛けた

頭の中にはエンジンがかからくなるんじゃないかと
よぎったがスムーズにかかり
Uターンしてきた道を下っていった

少し落ち着きみんなでさっきのはなんだった?
たまたま停電とか?誰かの石当たったんだろうとか
なるべく霊じゃない方向に話題をもっていった

だが内心ビビッてるだけに妙な沈黙がある
この沈黙がまた怖い
そうだB'zの曲をかけようとプレイボタンを押した
そこから流れて来たのはB'zの曲では無く
中国語の無数のささやきと男の
ヴゥァアアアアァァァアという不気味な声だった

すぐにストップボタンを押したが止まらない

みんなも明らかに聞こえているが怖すぎて
その事は話題に出さないようにしていた
その不気味な声は中国墓地の敷地を抜けるまで続いた

怖くてたまらなかったが事故らないよう
スピードは出さずに安全運転で山道を下った
その不気味な声と共に

そしてとてつもなく長く感じた山道を抜け
国道に出た瞬間不気味な声は消えた




322 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 06:49:23 ID:XBIliz2w0 [PC]
国道を走った少し先に
コンビニがあったのでそこで休憩する事にした

T[さっきの声聞いた?オレだけじゃねぇよな?」
みんな「聞こえた マジ怖かった」
T「まぁでも ここまで来たら少し恐怖も弱まったな」
みんな「なっ でもマジビビッたわ」
オレ「落ち着いたし帰ろうぜ」
みんな「そうするか」
と言い車に戻っててコンビニの灯りで車をみると
無数の手あとがあった


323 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 06:58:59 ID:XBIliz2w0 [PC]
普通はここで終わるが
まだ終わってなかった

みんなを送って一人で家への帰り道
怖いので音楽を掛けたかったが
男の声が頭から離れない

何事も無く家につき
3階の自分の部屋に戻り
部屋の電気を全部つけ布団をかぶり寝ようとしたが
眠れない

気を落ち着かせるためにタバコをすい
なにげなくタバコの煙を追い窓に目を向けると
窓のそとに男の影がカーテンごしから見える




324 :本当にあった怖い名無し [] :2010/09/13(月) 07:03:15 ID:XBIliz2w0 [PC]
うわああぁ
俺は思わず叫んだ

そうするとその男の影が
くるっとこちらを向き
窓をドンドン ドンドンドンと叩きだした
怖くて1階の電話まで走り夜中に
Tの家に電話をかけた


325 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/09/13(月) 07:31:21 ID:gCmY9t810 [PC]
>当時 映画のビーバップハイスクールが流行っていて
映画館から出てきて野郎共は全員ヤンキーそんな時代だった

>B'zのCDを聞きながら車を走らせた
このへんが怖いところですかねぇ。



380 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/09/17(金) 16:27:06 ID:tIPGXFtUO [携帯]
仕事で閉店した
風俗店に行った時の事。
いかにも
昭和って感じの建物でボロくて部屋数も結構多かった

ある一室に
入った瞬間
お線香の匂いが広がってきて耳鳴りがした
気持ち悪いなと思いつつ作業を進めた

木製の化粧台を
片づけようとズラしたら
壁に小さいお札みたいなの五枚と赤いペンで書かれた文字と
貼り付けられた
髪の毛と
若かりし頃の田原俊彦が出てきた…

なんか怖かった



459 :自治スレでローカルルール他を議論中 [↓] :2010/10/22(金) 12:30:59 ID:4ZqENAXz0 [PC]
ずいぶん前のことですが。

友人Aが友人Bにブローチを盗られた。
宝石箱からこっそりとかじゃなくて、
身につけていたブローチを引きちぎられた。

3人でお茶している時にBがAのブローチをじーっと見ていたので
ちょっと無遠慮すぎる視線だなと思っていると
いきなりBがテーブルの向かいに座っていたAに身を乗り出して
ブローチを引きちぎってそのまま出て行った。
それまで普通にお茶していたのに、あまりに突然の出来事でちびるかと思った。
Aもガタガタ震えだして、二人で半泣きで「今の何・・・?」って言葉しか出なかった。

しかし、Bはその帰り道に車の事故を起こして大変な後遺症を負った。
特に頭部が重傷だったらしく、意思の疎通もできないほどらしい。
私とAもなんだか気まずくなって疎遠になった。

それまで普通に会話していたのに、だんだんBの口数が少なくなり、
ブローチを凝視し始めたと思ったらカッと目を見開いて引きちぎって逃走、という感じ。

Bは何かに憑かれていたのでしょうか。
それとも精神的な病って突然発症するものなのでしょうか。
本当にあの日まではまったく普通の人でした。私たち、友達だったんです。

あれ以来、周りの人が突然豹変するんじゃないかと怖くなる時があります。



518 :本当にあった怖い名無し [↓] :2010/11/22(月) 16:50:54 ID:A+4fSupo0 [PC]
10年以上前のこと。一階が勤務先で3階に私の居住部屋がある
マンションに住んでいた。
暴風並みに強い風が吹いていた夜。書類を忘れたことに気付いて
部屋を出た。5m先にエレベータと外階段があり、鋼鉄の網柵がついている。

通路を照らす蛍光灯の光にてらされて、網柵の外を白い
ワンピース?を着た女が笑いながら飛んでいくのがみえた。

ギョッとしたが、風でビニールなんかが飛んできて、
そうみえたんだと思いつつ網柵までいって顔を出してみると、
風は女の移動方向と逆に猛烈に吹いていた。

ソレが行った先を見ても、夜の街がみえるだけ。
思い出してみると、女は人間の大きさじゃあなかった。数倍はあったかと。
ずーんと怖さがこみ上げてきて、そのまま部屋に戻って酒飲んで
騒いでごまかした。



559 :本当にあった怖い名無し [] :2010/12/25(土) 15:12:07 ID:kIdRp/kC0 [PC]
恐怖の実体験・・・

1人で浅草へ観光旅行へ行った時の出来事。

一昨日、行ってきました。雷門やら浅草寺やらROX等色々と回ってきましたよw
面白かったw

ネットで調べた1泊4400円の簡易ホテル(浅草内)
そこで、チェックインをすませ、いざお風呂へ!

そこは銭湯みたいな感じの風呂場で、頭をごしごし洗ってたら・・・
誰かが・・・触った感触がして振り向いたら、おっさんが、○ン○を
吟吟に起たせ、『あんちゃん、どうだい?今夜?』と聞いてきたwww

自分でも、ビックリするくらいの素早い反応で避け、尋常じゃない速さで
体を流し、走って部屋へ!

なにがなんだか分からず涙目な俺w
怖かった・・・

酒をコールサービスで注文!そして、その方に聞いてみた。

『あの、さっきしらないおっさんに体触られたんすけど・・・』
『あたりまえ!ここ鎌専のホテルだからね♪』
『・・・』

ええええええwwwwwwwww

確かに、薄壁1枚を隔てて聞こえるは、男と男のあえぎ声・・・
一生記憶に焼きついた恐怖の思い出である。

~完~

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1277944191/1
関連記事



[ 2011/02/10 15:51 ] 体験談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/137-4d516efd





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。