スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スターリンの恐ろしさ

1 :世界@名無史さん [↑] :2011/01/25(火) 18:22:08 0 [PC]
ナポレオンやヒトラーのような華こそないがやってることは並じゃない


3 :世界@名無史さん [↓] :2011/01/25(火) 22:51:45 0 [PC]
スターリン主義が本当に恐ろしいのは、

大粛清期に日本やドイツのスパイだと看做されて

処刑された共産主義者の少なからずが、

自分は不幸な例外で党は誤っておらず、むしろ自分が処刑されることで

党の権威が守られるならば本望だと考えながら処刑されていったところか。



スターリン自身、日本やドイツのスパイだとして処刑した党幹部が、
死後実は本当に無実だったことを知ってショックを受けてるフシがあったり、

あるいは、大粛清そのものもは「古参ボルシェヴィキ」の寡頭支配に対抗して、
労働者のための「党内民主化」を理由に行われたという性格があるんだけれども、

(構図としては今の日本の貧乏人の公務員叩きに近い)

この大粛清で党幹部のポストが空くことで、利益を得た少なくない人々が
スターリンを支持してたりする辺りが、単なる大虐殺以上の恐怖。

虐殺なんて歴史上幾らでもあるけれども、
これだけ不可解な哲学的背景を持った虐殺はスターリン主義ぐらいでは。

それでもソ連のグラーグは、アウシュビッツが生んだような「回教徒」を生まなかったことは、
スターリン主義がナチズムよりは優れていた所以だと思うけどね。



9 :世界@名無史さん [] :2011/01/28(金) 23:15:35 0 [PC]
やったことはロベスピエール、レーニンのテロルの系譜を
引き継いだだけ。

スターリンの凄いのは失脚無しのパーフェクト独裁者で恐怖政治を何十年も続けたということ。


10 :世界@名無史さん [↓] :2011/01/28(金) 23:56:33 0 [PC]
まあ何のかんのでモスクワ都市改革は成功させたしね。

文化を破壊したっていうけどどのみち当時は観光名所にならないようなもんばかりだし
それほど悪いわけじゃない。

ソビエト宮殿は黒歴史だがw


11 :世界@名無史さん [↓] :2011/01/29(土) 00:57:21 0 [PC]
民政家としては最低、しかし政略家としては怪物というほかない。
コイツの前ではアメリカの「四選大統領」FDRやイギリスのチャーチルも小さく見える。

互角と言えるのはヒトラーくらいのものだろう



23 :世界@名無史さん [↓] :2011/02/09(水) 03:38:30 0 [PC]
今ロシアがいまいちパッとしないのは、スターリンがロシア人を殺しすぎたせいだからだと思うよ。


24 :世界@名無史さん [↓] :2011/02/09(水) 21:41:58 0 [PC]
ゴルバチョフさえいなけりゃ。
何のかんのと言ってもブレジネフまでは保ってたからなぁ。
ソ連の権力闘争はいつも最悪の結果しか招かない。



26 :世界@名無史さん [] :2011/02/10(木) 18:35:24 0 [PC]
>>23
スターリン時代の粛清と第二次世界大戦でロシア人やウクライナ人が激減したからね
この人口損失が悪影響を与えないはすが無い

中国の場合毛沢東が1億人死なせても絶対数が多いから問題なかったが




35 :世界@名無史さん [] :2011/02/11(金) 10:47:44 O [携帯]
スターリンはグルジア人についてはどんな扱いをしてたんだ?


36 :世界@名無史さん [↓] :2011/02/11(金) 20:02:48 0 [PC]
冷たかったよ。ワインよりウォッカの方が好きだったし。
グルジア人からも好かれてはいなかった。


37 :世界@名無史さん [] :2011/02/11(金) 23:25:35 0 [PC]
食い物はさすがにグルジア料理が生涯好物だったとか。



53 :世界@名無史さん [↓] :2011/02/16(水) 00:18:36 O [携帯]
暴君スターリンも三十代後半までは逮捕と流刑を繰り返す日々だった。

それでも殺されなかったのはロシア帝国の温情主義なのか何なのかは知らんが、
結果的に多くのテロリストを育てることになってしまった。

スターリンはロシア帝国の轍を踏まぬよう徹底的に殺害しまくった。

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/whis/1295947328/1


関連記事



[ 2011/02/25 23:47 ] 普通 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/153-daf70018





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。