スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第二次大戦中の中小国の軍隊、兵器を語るスレ

1 :名無し三等兵 [] :2008/01/13(日) 04:02:28 ID:VOO+wgY8
WW2東欧スレpart2は、軍板最古スレとして足掛け7年の戦いの後、天寿を全うしました。
今度は、東欧に限らず、WW2の中小国を広く語る場としたいと思います。
オランダ・ベルギー・タイ・ブラジル・・・もちろんブルガリアやハンガリーも大歓迎。




4 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/13(日) 04:12:57 ID:???
110 名無し三等兵 2007/02/06(火) 01:43:39 ID:???
WW2で戦闘の結果、蹂躙された小国というと、オランダ、ベルギーが真っ先に思い浮かぶ。
イラン、ノルウェー、ギリシャあたりも小国か?

ほとんど戦闘にもならなかったのは、デンマーク。
アイスランドやポルトガルも一部ないし全土保障占領。
戦前にすでに食われてたのは、アルバニア、バルト3国、後は?


5 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/13(日) 04:16:21 ID:???
再び世界大戦が始まるかと思われたこの時、
イギリス首相チェンバレンは国際会議開催に最後の望みを託しました。
9月29日、ドイツ、ミュンヘンに各国首脳が急遽集まります。
イギリス首相チェンバレンは戦争回避をミュンヘン会談に賭けていました。
今回の会談は、イギリス、ドイツだけではなく、フランスやイタリアも参加した
ヨーロッパ首脳国の会談となりました。

フランスからは首相ダラディエが参加。
イタリアからムッソリーニが参加、ヒトラーと共にオープンカーに乗って会場に向かいます。
会談の行方を世界が見守りました。

ヒトラーは終始自分のペースで会談を進め、「領土的要求はこれが最後である」と明言します。
会談はヒトラーの要求をほぼ全て認めることで合意。
チェコスロバキアの犠牲を強いる形で、戦争の危機は回避されました。
チェンバレンはこの譲歩によって、平和は守られたと信じました。
ヒトラーはこの日、武力を背景とした恫喝によって大国イギリスに要求を飲ませることに成功したのです。


                     ――山根アナナレーション「ミュンヘン会談」より


34 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/20(日) 16:13:08 ID:???
主要交戦国
ドイツ、アメリカ、ソ連、イギリス、日本、イタリア、フランス

ややマイナー(比較的よく取り上げられる)
ポーランド、中国、フィンランド、ルーマニア、ハンガリー

マイナー(あまり取り上げられない)
ブルガリア、スロバキア、ベルギー、オランダ、ノルウェー、デンマーク
ギリシャ、ユーゴスラビア

超マイナー(WW2関連の書物でもほとんど扱われない)
ブラジル、モンゴル、ルクセンブルク


35 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/20(日) 20:37:44 ID:???
モンゴルは、第二次大戦そのものより、直前のノモンハンでの話題が多いか。



43 :名無し三等兵 [mail] :2008/01/21(月) 23:39:12 ID:???
(#゚Д゚)ゴラァ! 光人社NF文庫から『弱小空軍の戦い方』って本が出たゾ。

書き下ろし新刊で千円でお釣が来るから買い得だ。

以下その一部な―

…政府高官の政の不調をよそに、
ハンガリー空軍のピューマ部隊は来襲する連合軍機を相手に奮闘を続けた。
ハンガリー空軍にはFw190(戦闘爆撃機型)も七十機ほどわたったが、
戦いの後半の主力はBf109G。
少数のBf109Fや供与機、ライセンス生産機併せて五百機近いBf109を擁して、
数十人ものエースを輩出している。
やがて秋口から友邦の枢軸国が次々にソ連、連合国と休戦し、
対ナチスドイツ攻撃に回るなか、ハンガリー軍はソ連軍が領内に侵攻、
翌1945年2月にブダペストが陥落しても、なおドイツ軍と共闘。
新造のBf109は部隊への引き渡し前に連合軍側戦闘爆撃機に破壊される状態になっていたが、
最後の防空作戦はナチスドイツの降伏直前の時期まで続けられたということである。

( ;∀;)イイハナシダナーええ話や。・゜・(ノД`)・゜・




44 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/22(火) 00:07:24 ID:???
もともとハンガリーの第一目的はルーマニアからのトランシルバニア奪還にあったの
で、ソ連との戦いはそれほど乗り気ではなかった。
1944年に講和をしようとしていたが、それを察知したドイツに占領されてしまった。
以後ハンガリー軍はドイツ軍指揮下に組み込まれ、講和の機会も失ったまま戦い続け
ただけ。

国がほとんど連合軍に占領されてもオーストリアあたりまで撤退して、なおドイツ軍
に付き合ってなきゃいけなかったハンガリー軍こそいい迷惑。
もっともハンガリーへはソ連軍と一緒に「仇敵」のルーマニア軍も来ていたから、
それに対して「コノヤロー」ってのはあったかもしれないけど。



53 :名無し三等兵 [↓] :2008/01/22(火) 13:03:57 ID:???
中国軍の小銃の口径はかなりの種類があったが中心となったのは
6.5mmと7.92mmの2種類が中心であった。6.5mmは主に三十式と三
八式であり、三八式は山西省で生産が行われた。

主力となったのはドイツに由来するマウザー系の小銃であり、ドイツか
らの輸入と共に、漢陽や広東、東北でのライセンス生産も行われる。

中国で生産されたのはM1888、M1904(6.8mm口径に変更したもの)
M1903(6.5mm口径)、元年式歩槍(6.8mm。のち7.92mmに変更し元年
式7.92毫米歩槍と改称)、M1898、チェコ式7.92mm小銃(張作霖政権
で生産、13年式7.9毫米歩槍と称する)等がある。

このほか内戦期には各国の小銃が中国に輸入される。

1934年、一応の再統一を果たした南京政府はマウザーM1924を軍の
主力小銃とすることを決定する。これは蒋介石の字をとって「中正式
歩槍」と命名され、各地でのライセンス生産も行われ国府軍の主力
小銃となる。

上記に加えて二次対戦開始後には米軍装備も次第に増えていくこと
になる。



158 :名無し三等兵 [] :2008/07/19(土) 21:24:00 ID:XCeLeHVB
ユーゴのパルチザンってどんな装備だったの?


159 :名無し三等兵 [↓] :2008/07/22(火) 14:52:14 ID:???
>158

初期はおそらく王国軍の残り物兵器(ただしこっちは多分「敵」のチェトニクのほうが主)、
あとはドイツ軍やウスタシからの鹵獲、後期は連合国側からの支援、特にイギリスが中心のはず。
戦車部隊もあって、M3A3軽を供与されて使っているほか、
M3A3に鹵獲の20mm4連装や75mmPak40を積んだ即席自走砲、
ドイツ軍からの鹵獲フランス戦車(ソミュアやオチキス)、
ソミュアに6ポンド砲を無理矢理積み込んだ変わり種も。


160 :名無し三等兵 [↓] :2008/07/27(日) 01:24:33 ID:???
M3は使いやすい軽戦車だから、ユーゴでも
評判は良かったんだろうね。



231 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/06(土) 22:55:17 ID:???
   ブルガリ  クロアチ
   /⌒) ___   ハンガリ
  <===o|_ [ニ:ニ]  ,--β
.__(,,´Д`)(´・ω・`) _lニニニl_ ソ連軍が中欧まで進撃した事にそろそろ
[===:|_ U) ( つ ⊂ノ (゚ Д゚,,)    ドイツを見限り始める枢軸中小国達
(,,´・ω)/__ヽ`/==†ヽ つと.ノ
| U (  ´・) (・`  ) u‐u'
 u-u (    ) (   ノ
 フィン `u-u' `u-u'
    ルーマニ スロバキ


232 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/14(日) 22:10:20 ID:???
>>231
この後に多くの苦労が・・・(つд`)


233 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/17(水) 14:30:45 ID:???
一応、クロアチアは対独戦終結直前までは枢軸国側として戦っているけどね


234 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/17(水) 19:07:53 ID:???
無理やり付き合わされたハンガリーが気の毒だ。
あと戦後に凄惨な大粛清を経験するブルガリアも。


235 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/18(木) 00:45:55 ID:???
寝返った後の対独戦で大量の戦死者を出したルーマニアも・・・
何故か、ルーマニア軍は戦死者数が多い・・・異常に・・・


236 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/18(木) 11:12:46 ID:???
ブルガリアは裏切る前の枢軸国側だった1942年8月に
ブルガリア、イタリアの分割占領下にあったマケドニアで資源争いをきっかけにイタリアと武力紛争を起こしているよ
経過、結果の詳細は自分の持っている資料ではわからない


237 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/18(木) 17:45:31 ID:???
ブルガリアはソ連に宣戦布告してなくて、ただパルチザンと戦闘しただけだったかな。
でも、イタリアとは武力衝突してるね。
この前、トルコ国境で山ほど発掘された四号戦車はその後、どうなったんだろうか?



238 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/18(木) 22:07:30 ID:???
ヒトラーのご機嫌をとるために英米には形式的な宣戦布告している。
ルーマニアが寝返った後に西側との講和のために使節を送ったとたん、
無視されて激怒したソ連が宣戦布告してきた。

でそのあとソ連軍の指揮下、多数の犠牲者を出しつつウィーンまで
進撃することになる。


239 :名無し三等兵 [↓] :2008/12/19(金) 00:11:08 ID:???
たしか「スターリンの外人部隊」という本に、東欧の小国正規軍の話も出てきたような。



359 :名無し三等兵 [] :2009/08/20(木) 15:47:53 ID:KgsUbrRI
第二次大戦前のデンマーク軍の編成ってわかります?
かなりマイナーですが
偶発的銃撃以外国王が交戦を認めなかったため実質戦ってないですけど


そういやデンマーク軍は1864年のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン戦争以来武力衝突に至ったのは
90年代のボスニア駐留デンマーク軍戦車部隊がセルビアの戦車部隊に仕掛けられ応戦したことだけですよね
この時は数的優位だったセルビアのT-55戦車部隊がデンマーク軍のレオパルト1A3戦車部隊に一方的発砲
デンマーク軍のレオパルトが反撃して無傷で敵のT-55部隊を壊滅撃破したという
130年ぶりの戦いに勝利とは見事だけど


360 :名無し三等兵 [↓] :2009/08/25(火) 17:53:31 ID:???
ほほう・・・
ボスニアでデンマーク軍は頑張ったんですね。



368 :名無し三等兵 [↓] :2009/09/16(水) 02:10:53 ID:???
弱小なのかはさておき、ノルウェーてかなり善戦してる気がする。
皆知ってる事を語るのはおこがましいけど、北欧侵攻時にドイツ海軍艦艇に大損害を与えたのはあっぱれ。
あんまり無学なんで沿岸要塞から魚雷発射してたの知った時は「秘密兵器か!」と思ったw


369 :名無し三等兵 [↓] :2009/09/17(木) 22:58:47 ID:???
1980年代のコンバット・マガジン誌の記事で、ルガーP08を現役(!!)で使ってたくらいだし、弱小なのは間違いなかろうノルウェー軍。
…あれ回収して売りに出せば、新品のブローニングHPをいくらでも買える気がしたが、どうなったのかなあ。


370 :名無し三等兵 [↓] :2009/09/17(木) 23:05:17 ID:???
対独抗戦日数

・ポーランド:29日間
・フランス:39日間
・ベルギー:19日間
・オランダ:4日間

・ノルウェー:63日間

・デンマーク:4時間


371 :名無し三等兵 [↓] :2009/09/18(金) 08:55:21 ID:???
デンマークは国王が直ぐに交戦しないように各部隊に命令したからだよ
連絡が間に合わなかった部隊もあるけど
例え交戦不許可命令出さなくてもそんなに長期間抵抗出来ないと思うが

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1200164548/1


関連記事



[ 2011/03/17 22:39 ] 軍事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/170-f1460cb3





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。