スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漁師の恐ろしい実態

1 :魚 [] :2007/03/24(土) 20:00:09
漁師の家や漁村に現在も残る恐ろしい実態を語るスレです。
良いことだけになるような気がします。



13 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/24(土) 23:24:06
水産高校に行った親戚の話でよければ、、、

・養殖や釣り船経営と兼業?の家が多く収入はそこそこ多いが金遣いが荒い。
(ただし借金は少ない。入った金をぱっと使うが基本)
・男女問わず酒飲みの巣窟。昼過ぎたら男の半分は呑んでる。
・がさつ、短気ですぐに手が出る、声がでかい。
(ただし女は殴らんという人も多い。子供は遠慮なく殴る)

ちなみにメリットも結構あって
・デブが少ない・健康的な男が多い≒精悍な男が多い。
・船舶免許取得したり海図?の勉強もするからまるっきりの馬鹿は少ない。
(馬鹿は馬鹿で雇われ遠洋漁業船員になったりしてそれなりに収まる)
・比較的換金性の高い船や養殖場など実質的な財産餅が多い。
・女は基本的に家業にはノータッチ。漁に出るという事は滅多に無い。




16 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/25(日) 00:26:32
>>13短気ですぐに手が出る

のはどうかと。
自然相手の仕事なせいか、比較的穏やかな性格の方が多いよ。短気起こしてたら仕事できません。
いざとなったら恐ろしそうだし体力あるから怒らせないほうが無難だなとは思うけど。

そんな私は漁師嫁です。




27 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/25(日) 15:40:06
母方の実家周辺だけかも知らんけど、男は穏やかで無口。
家を守るようにと躾けられてきたのか、女の方が豪快で荒くれてる。
膿化脳スレでは最悪呼ばわりされてる鹿児島だけど、農家と縁のない街中で
育った私にも膿家(以前膿家長男嫁だった)のような陰湿さは感じなかった。
でも東シナ海沿岸で、北朝鮮に拉致された人の拉致現場の比較的近所だった
ので、夕方一人で出歩くのは禁止されてた。それが一番恐ろしい。



33 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/25(日) 16:33:42
184 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2007/03/24(土) 17:42:01
漁師の3男の俺が来ましたよ。
俺の漁村じゃ男は船、女は家という考えは健在。
ただ、農家と大きく違うところは女(嫁)は働かせないというところ。
朝は旦那と一緒に起きるから早いけど、漁から帰ってくるまでは自由時間。
晩飯さえ用意してあれば文句無い。
スーパーで買い物して奥さん連中とお喋りして夕食の用意をするだけ。
リーマンの奥さんとほとんど変わらんよ。

187 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2007/03/24(土) 18:07:24
親戚に漁師がいるんだが、30代の女を船に乗せて漁をすると笑われるらしい。
あそこはカカァを乗せて漁をしてるって。

189 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2007/03/24(土) 18:14:05
以前、探偵ナイトスクープで「漁師の嫁になりたい」という女性が、レポーターと
母親と三人でどっかの島に行って漁師さんの話を聞くって企画があった。
途中で魚の干物作ってる若奥さんなんかがいて、マイク向けると、
「私は大阪から嫁に来たんだけど、漁師の嫁は気楽でいい。」と言ってた。
近所の人も、いい感じの距離感で都会から来た自分を気にかけてくれるって。

番組の為若い漁師さんが集まってたんだけど、やっぱりサッパリしてて、
都会からUターンした漁師さんも、親に言われて、とかじゃなくて、
大学出て都会でリーマンやったけど、島で漁師をやりたくて帰って来たって。
嫁が欲しいってガツガツした雰囲気の人もいなくて、どうぞ自分らを見てって下さい、と自然体。
基本的に漁師って、先祖代々継ぐもんではなく、自分で納得してやるもんだって感じだったな。
で、背後のウトメを連想させる発言も無かった。



38 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/25(日) 20:10:53
山岸涼子のマンガで、不幸なヒロインが漁師と結婚して幸せになったものの
旦那の船が嵐で転覆して未亡人になっちゃって、葬式で漁師の奥さんたちが
「夫婦仲が良いほど旦那が早く連れていかれちゃう」ってコメントしてるシーンがあったが
やっぱ転覆とか溺死とか、日常的に危険と隣合わせの仕事ではあるんだろうな。
都会のリーマン家庭育ちの私にはなかなか想像つかないが。



40 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/25(日) 21:42:02
スレタイ、恐ろしい方向性が違うべ。
海難事故に巻き込まれたり、幽霊船を見たり、サザエがやウニが
足の裏に刺さったり。
そういう危険な危なさな恐ろしさが漁師でい。

※イメージです。



42 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/26(月) 01:47:22
漁師の嫁ですが。

>>34>ウトメを連想させない…
それは内部を知らないからそう感じただけであって実際は嫁姑不仲多いよ。
それ以外はほんとに合ってる。
マジで、ラク。

>>38不慮の事故が一番怖いけどそのぶんお互い優しくなれるよ。
いつ別れがくるかわからないから(怖

>>40
死と隣合わせってことで、毎年事故があるよ。
船が海の上で燃えたり落ちて死んだり。
水死体発見…っていうのもたまに。
水死体は引き上げる前に『俺の船に漁させるか?…よし、なら上げてやる』って言って引き上げるらしい…
水死体引き上げた船はその年大漁するっていう言い伝え?があるんだって。


43 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/26(月) 02:17:46
水死体引き上げたらシャコがわんさと食らいついてたとかよく聞くしね。
行旅死亡人のサイト見てたら、底引き網引き上げたら人の骨が入ってた
とか出てる。



63 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/27(火) 13:52:34
男女共にとにかく気が強い人が多い。
良く言えばおおらか、悪く言えば乱暴。
だから自分もバンバン言い返せるような人には向いてるだろうし
はっきり自分で言えない内気な人には地獄。
力も強い男が多いからそれでDVに当たれば本当に悲惨。

何度か出てる膿家と比べてなら共働きもごく普通に許容。
女の稼ぎは宛てにしてる家なんて皆無。
男作って逃げる嫁も多いのでご飯作って汚部屋にならない程度に掃除くらいで
良い嫁だと言われる。手作りおやつなんてあればもうセレブ奥様レベル。

以上、水産会社勤務に5年勤めて感じた個人的感想です。



98 :名無しさん@HOME [↓] :2007/03/30(金) 10:16:53
733 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2007/03/29(木) 13:52:45 ID:Tsg/yIqS
近海漁師の父と美容師の母のいる生活。
朝、家族一同で食事。
学校から帰ると父は昼寝、母は仕事。
夜、家族一同で食事。
小さな頃は父とお風呂。
小さな頃は父と就寝。
その間母は家のことを細々していた。
こんな生活なので、父は無職で母が一人で苦労して生計を立てていると思い込み、
小四くらいから父が大嫌いに。
父が漁師だと知ったのは高校受験で。
夜中まで起きていると、父が出かける様子。
最初は愛人でもいるのかと思っていたが、ある時完全漁師ルックの父に遭遇。
父が遠洋から近海に変えたのは、私が生まれて死ぬのが恐くなったから。
家に一切それらしきものが見当たらなかったのは、私が怪我をしないよう。
母は私を産んで、次の子を流産し、その時子宮を痛めたので、一粒種の私を舐めるように
可愛がってくれて、参観日も運動会も両親連れ立って来てくれていたのに、
一人で誤解して一人で壁を作った馬鹿な私。
でも真相がわかった時は思春期だったので、壁を作ったまま、父は海で行方不明に。
12年目にやっと、死亡届けを出したけど、今もまだ、父が死んだなんて信じられないよ



115 :名無しさん@HOME [] :2007/03/31(土) 23:30:25
漁師って死と隣り合わせだから意外と気遣い出来たりするのか?
つーか、農家と違って船の上で共同作業してるんだから(一匹狼ってそんなにいないみたいね)社会性自体はあるのかもな。




116 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/01(日) 00:49:49
>>115
基本、漁業組合に入るしね。他の地域はどうだか知らないが仕事の前後、仲間同士の情報のやり取り(どこで漁があったとか)は必須。
獲物を独り占めしようとする漁師は嫌われて結局本人が痛い目見るし。
でもたまにコミュニケーションを取らない社会性の無い漁師(一匹狼的な)もいて、そんなのは変わり者扱いされてる。

そして親子船や人を使えるくらい大型の船じゃない限り、船の上では一人で仕事する。
うちの地域も半分以上は50代以上が一人でやってる。



159 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/15(日) 02:30:59
私の育った場所は北の漁師町。
小学、中学と進学するにつれて父親を船の事故で亡くした同級生が増える。
クラスに2人ぐらいはいる感じ。
でも保険にちゃんと入っている人が殆どで
お父さんを海難事故で亡くした家は必ず立派な家が建ち
母子家庭ではあるが、お母さんはパートに出る程度で然程生活に苦労している感じは見受けられない。
大漁だと漁師じゃないご近所にも大盤振る舞いは当たり前で
いつも頂いてばかりで悪いからと私の母が果物を持って行くと
更に何かとっておきの魚を持ってきて、断っても持たされたりした。
漁師町なので言葉は荒々しいが、気前が良くてサッパリした人が多い。

少しだけ恐ろしい経験は
近所の漁師の奥さんが天ぷらが苦手で
うちで天ぷら揚げてると切った野菜とか持ってきて
「お願いだからウチの人に天ぷら作って!!」とお願いされる事かな。
小学生から何故か天ぷら揚げるのは得意で、任されていたんだけど
匂いと音を察知して具材を物凄い勢いで切って走って来てるんだろうな、
と想像するとちょっと笑えた。
勿論、新鮮な魚をいつもお裾分けしてくれてます。



172 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/16(月) 02:56:12
知り合いに頼まれて朝の2時間だけ港の市場近くの食堂でバイトしてた事がある。
客は既婚・独身・若者・オッサン・爺さんと様々来ていたが
全員漁業関係者。
結構グルメな人が多くて、廃れた街なのに「ここは美味しんぼか!?」
とツッコミ入れたくなるような人達ばかり。
でも全員言葉は悪いけど気のいい人達ばかりだったな。
独身の人達は殆どが端正な顔で無精ヒゲで服も適当で清潔感は無いものの
ユニクロ製品着せるだけでイケメンになれるぜ!という人達ばかり。
中で一番印象的だったのは、心の中でジョンレと呼んでいた
長髪のジーザスかジョンレノンにそっくりな風体の人。
いつも無口で玉子焼きとサラダとご飯と味噌汁が定番で食べてた。
格好はこ汚いしゴム長だが、185cm以上の高身長に誰もが見とれる美しい顔。
バイト期間終了するのが惜しいと思うほど美しかった。



208 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/18(水) 12:29:49
夫の仕事の都合で銚子に住んでいたことがあります。
毎日毎日港には鯖や鰯を山積みにした船が着岸し、道路のカーブでは遠心力でこぼれた
鰯がきらきら光り、それを狙うカモメたち、ドン臭いヤツは轢かれたりしてました。
それなのに、近所の店や市場には「今!!獲れたて!!」のような綺麗な魚が無いので
港で水揚げしているところに近づき、思い切って恐る恐るそこにいたおじさんに聞いてみました。

私「あのー、魚買いたいんですけど、この辺では売っているところ知りませんか?」
おっちゃん「あー!?買う?どんだけだ?」 私「えと、二、三匹……」
おっちゃん「あー!?二、三トンか??」 私あわてて激しく首を振る。
真横で水揚げしたいるから、大声出さないと話も出来ない。ちょっと怖い。
おっちゃん「それっぽっち、市場で売ってるべ!?」私「いや、鯖とか、あんまり、きれいじゃなかったし・・・・・」
おっちゃん「なんだ、そんだらそっから好きなだけ拾ってけー」

船からトラックに積むのに、ボロボロと周りにこぼれている魚をせっせと拾っている地元のオバチャン達。
しかし私はよそ者だし、怖くて近寄れなかったのであきらめて帰ろうとしたら
そこにいた荷積み待ちしていたトラックの兄ちゃんが
(私が行くまでおっちゃんと世間話してたので会話は全部聞いていた)
「ねーちゃん、いれものもってっか?バケツとか」 私が車に積んでいる、というと「はやく持ってこい!!」
あわてて持ってったらこぼれた魚をバケツに拾っては入れ拾っては入れ
「あ゛あ゛あ゛、も、もう、もう結構ですー!!」と絶叫するもやまず。

そしてこれ以上は無理!!なぐらい魚が入りきらずにはみ出したバケツを「ほれ!!もってけー」と渡された。
バケツが車の中で倒れないように細心の注意を払いながら運転し
家に帰って確認したら鯖20匹以上、鯵五匹。夫婦二人なのに・・・・・。
でもとにかく美味しかった。しばらく魚尽くしだったが新鮮で飽きなかった。
ありがたい、いや、恐ろしい体験でしたw


209 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/18(水) 12:35:29
書き忘れ、というか、思い出した
船のおっちゃんがお兄さんに「おまえ、やってやれやー」というようなことを言ってくれたんだった。
後日、船のおっちゃん(船の名前覚えてたから)探して、缶コーヒーを一箱お礼に押し付けてきたw


210 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/18(水) 12:53:21
恐ろしく豪快で素敵な漁師だな。


211 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/18(水) 13:29:26
>>208
私も似た経験があるw!
引越ししてきて間もない頃、朝漁港の近くを通ったらウニ漁が終わった所だったので、
漁師さんに、そのウニはどこで買えますか?と尋ねたら
「おら、いいからねえちゃんどんどん持ってけ!」とでかいごみ袋!に詰めてくれた。
もう無理って位うに丼食べて、それでもかなり余ったので、生きたまま両親と姉に送った。
もう漁師さんに惚れたw。




330 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/22(日) 18:16:19
私の漁師やってる知り合いの話なんだけど、
船に乗って、仕事が分からない人(素人でも)には、
殴る蹴るの暴力漁師でした。
自分の弟ですら、同じく暴力を振るい、暴力漁師が言い放ったのは
「体中にアザ作って、船からおろしてやった(漁師をやめさせた、いじめが原因で)」
その暴力漁師が乗ってる船は、毎年、乗組員が替わる(当たり前だけど)
挙句の果てには、親方(ここでいう網元かな?)に向かって、
「自分の働きで、この給料は少なすぎる」と、言い放ち、
そこで、親方の息子と取っ組み合いのケンカ。もちろんクビに。
その網元とキチガイ漁師はいとこにあたる関係。
まぁ、そのキチガイが特別おかしかったのかもしれないですが。
今そのキチガイは、他の船で昔の面影もなく、おとなしーく船に乗ってるみたいです。



331 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/22(日) 18:23:48
あんまやんちゃしてるとお魚のエサにされてしまう



401 :名無しさん@HOME [] :2007/04/27(金) 07:38:55
五年前の夏の夕暮れ時、漁を終えて港に帰る途中
密漁船を発見!!
取っ捕まえる気で密漁船に接近!
密漁船は慌てて逃げ出した。流石は密漁船だけあって、四十馬力の船外機、連装してやがるww
コッチも負けずにフルスロットル!!
無線で海上警備隊に通報『北緯◯◯東経◯◯◯より南南東に向けて、密漁船逃走中!!』
無線で連携取りながら追う事二十数分、前方から『パン・・・パン』と乾いた音が!
ざま見ろエンジン壊れたかと思った瞬間、背筋が凍り付き、スロットルを戻した・・・



403 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/27(金) 08:37:06
>>402
もう追うな!って撃たれたんだよ、無事で何より。
海上保安庁は間に合ったんだろうか。



410 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/28(土) 10:39:26
高校時代の友人、父親がイカ釣り舟の漁師だったらしい。
ソ連とかの船に拿捕されそうになると、いろいろ袖の下を渡して見逃してもらったんだって。
沢山用意していたものは
「パンスト」「百円ライター」「ボールペン」「Gパン」「腕時計」だって。

「パンスト」をなぜ喜ぶのかわからなかったので印象深い思い出。



427 :名無しさん@HOME [↓] :2007/04/29(日) 21:31:28
叔父が行方不明になって2年半。

船が沈んで、数人は救助されたけど叔父含む数人は行方不明。
父は第一報が入った直後から夜通し捜索して、陸に戻らされてからも奔走して。
ダイバーの船内捜索でも見つからず。

2日ぐらいたって、「もう、樺太の方さ行っちまってるべ」って呟いてた。



506 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/08(火) 22:35:50
そうだ、前に旦那に聞いて怖って思ったこと、あったよ。
旦那もウトも、漁師って職業柄か、生き物の命を重く見ない。(人間についても然り)
捕られた魚はそういう運命だった、海で死んだ人間はそういう運命だった、というのが基本にあるらしく。

ウトが大きな魚を取る餌にする、小さな魚を溜めておくいけすに集まるカモメを追い払うために、とカモメを一羽殺して棒にくくりつけて立ててたよ。
旦那にどうやってカモメ取ったんだろうって聞いたら『カモメはのろいからすぐ捕まるんだよ。で、頭持ってグルグル振り回したら簡単に氏ぬから』
ってサラッと言われてひいた…
しかもウトはカモメをたまに食べたくなるらしく、取って来て調理してるorz



518 :名無しさん@HOME [] :2007/05/09(水) 06:29:16
うちは遠洋の船団の町。
酒に強いことは大事な嫁入り道具として躾けられた。
船が戻ると網元の家で盛大な宴会が、その後は各々の家で毎日小宴会があるけど、仕切りは奥。
網元のところには各奥がエプロン持参。
奥は料理を作り、配膳し、配膳のたびに男共から献杯され、返杯し…なんだかんだで一升二升はほんの少々。
酔い潰れた男共を引きずって布団に入れ、宴席を片付けたら女達の宴会のスタートという世界。
私も一升二升は屁でもないけど、そんな私を網元は「三国一の花嫁さん」と可愛がってくれる。


519 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/09(水) 06:48:57
>>518
先天的に下戸の人はどうするの?


520 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/09(水) 06:54:54
三国一の花嫁にはなれないだけねw
実際いるけど、奥チームが庇い合ってなるたけ宴席には出さないようにするけど、
自分の家での宴会では旦那が「不調法ですみません」「躾がなってなくて申し訳ありません」て謝ってるみたい。



521 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/09(水) 06:59:16
>>520
そうなんだ。
可哀相に。
何も悪いことじゃないのにね。
私なら怒り狂うかもしれない。


522 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/09(水) 07:08:39
>>521
どうなんだろう?
その奥もこの町の生まれ育ちだから、漁師の嫁は飲めないと話にならんことは知っていたはず。
小さくなってりゃ可愛いけど、開き直ると本人が辛いよ。
だって一年の内10ヵ月は、庇ってくれる旦那はいないんだからw



628 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/11(金) 00:47:09
前に船火事(持ち主は70代)があった時、地域の出てた船はみんな駆けつけてたよ。
うちの旦那はたまたまその日休んでたから陸から様子見ながら色々教えてもらったんだけど。

まず船長のじいちゃんを別の船に移して救助して、あとは船が燃え終わるまで2、3隻で見守るらしい。
全く公の救助・消火系は来ないのにちょっとビックリした。

ちなみにその70代のじいちゃんは船(4トンサイズ)燃やすの二回目だったらしく、息子達から『もう漁師はやめてくれ』と頼まれたらしい。



637 :628 [↓] :2007/05/11(金) 02:58:07
>>629
じいちゃんの火の始末が悪かったんだろうって。
船止めて居眠りタバコしてたのか、ラーメン食べようとしてバーナーの扱い間違ったのかはわからないけれど…
たぶん ラーメンのお湯を沸かすバーナー→布団に燃え移った だろうって旦那は言ってたよ。
そんな船火事は数年に一回はあるよ。



688 :名無しさん@HOME [] :2007/05/14(月) 19:12:07
私の親父は漁師の次男坊だった。
親父はリーマンだが、他の兄弟は皆漁師になっている。
歳を取るごとに漁師への未練と憧れが蘇る様だ。
んで、漁師の恐ろしい話し。
よゐこ濱口の節約サバイバル番組を見ていた時、
濱口の造った「はるまげどん」を見ながら子供時分を熱く語ってくれた。

親父:「あぁ、懐かしいな、オレはナマコを直火で焼いて刺々になった奴を丸かぶりにしたんだ」
私:「で、美味しいの?」
親父:「全然不味い、ナマコ酢が一番だな」

今は趣味で磯釣りをして、自分で魚を捌いて週末の食卓に共する。


689 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/14(月) 19:15:59
せっかくのナマコになんてことを!!!1!たしかに恐ろしい話だ…。


690 :名無しさん@HOME [↓] :2007/05/14(月) 19:52:11
続き・・・
親父:「あいつら焼いても中々死なないだろ、身は丸くなるのに苦し紛れにイボイボが刺になるんだ」
 「焼いて不味くなる魚介類はナマコぐらいだな、勉強になっただろ。」
私:「・・・」
子供のおやつとして、他の高級食材で「油鍋」もやったみたいです。



776 :名無しさん@HOME [] :2007/06/09(土) 20:54:43
うにって、真水だと溶けるよね。
うちはおすそ分けで時々貰うんだけど、真水でやるとなんかドロってなる。
海水でやったらいいよ、って教えてもらってからは
浜に持っていって捌くんだけど、寒いときはウツ。
でも、海水で捌いたウニはんまい。うに丼サイコー。
もちろん仕上げは塩水でさっと洗うけど。


777 :名無しさん@HOME [↓] :2007/06/09(土) 23:36:39
>>776
溶けるのって、浸透圧のせいなんじゃないの?
別に海までわざわざ行かなくても、
塩水で処理すれば良いんじゃないの?



778 :名無しさん@HOME [↓] :2007/06/10(日) 19:05:15
ですね。塩水でもできますね。
うちはめんどくさい時は塩水でするけど、なぜか海水で洗ったののほうがおいしいんだよね…
もちろんうちも最後に塩水で軽く流すんだけどw




779 :名無しさん@HOME [] :2007/06/11(月) 13:38:02
塩水たくさん作るのメンドくさい。
水道水の塩水美味しくない。塩は伯方の塩使っているけど。
海でやったほうが周りが汚れないし美味しいのでやっぱりうちも海で捌く派。
ところで皆さんのところには土間や外に簡易台所、というか海産物さばく水道はありますか?
うち、しゃがんでやるのが辛いので外の洗い場を改築しようと計画中。



http://life8.2ch.net/test/read.cgi/live/1174734009/1
関連記事



[ 2011/03/29 23:40 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/183-be9e65d0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。