スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

園芸、植物に関する怖い話

1 :花咲か名無しさん:2007/05/10(木) 16:49:44 ID:MjoWfmZ2
題名忘れたけど、危険なペットを飼った経験を書いた本に
ウツボカズラを枯らしたら
変な現象が毎晩起こったとかいう話があったんだけど
そんな事があった人っている??
心霊関係じゃなくてもいいので
怖い話あったら書き込んでくださいな



11 :花咲か名無しさん:2007/05/19(土) 23:55:49 ID:KBDbA+B4
確か椎名誠のエッセイで、

庭の手入れ中にふと顔を上げると見知らぬ老人が。
「龍の髭は植えちゃいかん。人死にが出るぞ」と言われ、え、そうなんですかぁ?
と、もう一度その老人に向き直ると、いつの間にかその姿が消えていた。
今でもそれが何のジンクスなのか、その老人は何者だったのか…
またそれが現実のことだったのか、分からない。

って話があって、私はそんな話は聞いたことがなかったし今でも聞くことがないので
少し怖いのです。



23 :花咲か名無しさん:2007/05/28(月) 21:21:49 ID:XaiaXJyF
桜の木も龍の髭もある築25年の自分の家はどうすればw
でも桜は種を鳥が運んで氏神様の後に勝手に生えてきたんで
片付けると逆に何かありそうで怖い。

昔読んだ民間伝承みたいな本で、
古い椿は病人の声を喜ぶってものを見たことがある。
椿の古木が好きだったんでちょっとショックだった思い出が。



25 :23:2007/05/28(月) 22:49:52 ID:XaiaXJyF
ちなみに龍の髭は建てた当初から、
桜はもう10年くらいありますが特に何もないです。
というか龍の髭ってその辺の民家に普通にあると思うんですが、
うちの隣2軒も庭の仕切りに使ってるし。


26 :花咲か名無しさん:2007/05/29(火) 00:20:32 ID:XlsF1FNN
いや、ネタにつうか迷信にマジレス? そんなに問いつめんでもw

ちなみに、俺はリュウノヒゲ大好きで、白黒斑入り各種植えている。
桜・椿も数本ずつ。枇杷もあるよ。
樹高10メートル超の山桜の下には、さすがに月夜なんかは時に
見知らぬ老人の姿がふっと佇んでいることがある・・・




32 :花咲か名無しさん:2007/05/29(火) 22:47:22 ID:W5XV0SJ0
そういえば椿も不吉って割にどこにでもあるね。
昔校庭の端人気の無い所ににぽつんと立っていた真紅の椿は
花が落ちると木の下が真っ赤に染まり白い幹がきわだって
不気味だけど映画のワンシーンのようでかっこよかった。

びわはなんで縁起悪いのかって聞いたら
種を蒔いた人が実を採ることができないからって聞いた。
ほんとかどうかは知らないけど蒔いてから18年かかるっていうからねぇ



39 :花咲か名無しさん:2007/05/30(水) 14:32:20 ID:s9SMZ/tC
>>34
ビワの葉には薬効があるから、それを目当てに病人が押しかけてきて、家の者が病気になってしまう、という説を聞いたことがあるよ。



42 :花咲か名無しさん:2007/05/31(木) 03:37:44 ID:30hO5yMy
優曇華(うどんげ)の花なんて三千年に一度しか咲かないもんね。

まぁ、モデルはこれ↓らしいんだけど。
ttp://www11.big.or.jp/~magmell/science/watch1.html
ttp://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/udongeno-hana.html


ところで、京都かどこかにある山に、60年に一度しか咲かないという伝説上の花があるとかなんとか聞いたことあるけど、
この話を詳しく知っている人っている?

あと、竹の花が咲くと縁起が悪いとか言うそうだけど、これは地方によって違うのかな?





43 :花咲か名無しさん:2007/05/31(木) 03:46:30 ID:0aW4dHb3
60年に一度……の話は存じ上げませんが、
竹の花の話は聞いたことがございます。


私が聞いた話では、竹の花が咲く年は鼠が大量発生するそうです。鼠により農作物は荒らされ、疫病も流行るとか…。


44 :花咲か名無しさん:2007/05/31(木) 09:28:36 ID:g+7YDv7H
竹の花が咲く→竹の実がなる→それを食べてネズミが増える
→翌年は竹の実がないので、増えたネズミが飢える
→農作物や人家に被害が出る
ということらしいよ。



60 :花咲か名無しさん:2007/06/06(水) 09:50:21 ID:+lRf/NW3
怖い話じゃないけど、梨木香歩の「家守綺譚」おすすめだよ。
庭のある古い家に仮住まいしている作家の話なんだけど、
庭のさるすべりがその作家に恋をする話とか
六十年に一度咲く竹の花の精に会う話とか…。
…って書くとすごいファンタジー小説みたいだけど、
語り口は淡々としてるので昭和初期の純文学みたい。
庭や植物の描写だけでも面白いよ~
リュウノヒゲの話もあった、(死人が出るとかじゃなく
昔、龍の骨を見つけてほこらを作った、とかそんな話だったと思う。)



63 :1/3:2007/06/06(水) 21:39:25 ID:TBEXIFmg
竹の花で思い出したけど、前に↓こんな話を聞いたことがあるよ。
長いし、記憶があいまいな所は勝手に書いたもんだから、暇な人だけ読んでw

定年退職後に、田舎暮らしを始めた夫婦がいた。
憧れの広い庭、今は荒れているが手入れをすれば十分使える畑、
味のある大きな古民家に、裏山には竹林。
第二の人生を楽しむには理想的な場所だった。

ところが、生活しだしてしばらくすると、ちょっとした「嫌なこと」が連続して起こるようになった。
それは、田舎特有の近所づきあいとか風習や不便さなどではない。
夫婦が交互に怪我をするような事、風呂場にゴキブリやナメクジが信じられない程異様に発生した事、
夫の体調が悪くなる事だ。
まぁ、深刻で思いつめる程のものではなかったので、その時はさほど気にしなかった。

しかし、だんだんと夫の体調は悪くなっていった。
「なんだか、目の奥に火花が散るような感じがするんだ」と言うのだ。
引っ越してきた当初は、庭造りや畑作りを張り切ってやっていたのだが、
今では億劫がってあまりやらなくなってしまった。

町の大きい病院に行って精密検査を受けたが、特に異常は見られなかった。
もともと健康で、特に持病はない人だ。
急に環境が変わったのと、畑作りに張り切りすぎたことで疲れが出たのかもしれない。
しばらく休めばきっと良くなる。
その時はそう思っていた。

ところが、そのうち夫は寝込むようになってゆく。
「目の奥の火花が、次第に強くなってきている」としきりに訴える。
そんな中、ある晩、奥さんは奇妙な夢を見る。

セピア色の風景。
場面は自分達が住んでいる家。
でも、どうも様子が違う。


64 :2/3:2007/06/06(水) 21:40:07 ID:TBEXIFmg

家の中で、知らない人たちが慌しく行き来している。
明治時代か、少なくても戦前くらいまでの時代の、着物を着ている昔の人たち。
顔だけはなぜかぼやけてよく見えない。
夢だからそんなものなのだろう。
テレビを見るような感じで、奥さんはその夢を見続ける。

場面が変わる。
今は自分達が寝室に使っている、縁側の広い部屋。
そこに大きな樽がいくつも並んでいる。

また画面が変わる。
今度は庭だ。
大きな穴がいくつも掘られている。
穴の傍らに、さっき見た樽が置かれている。
樽の上には白い布がかぶせられている。
その樽のひとつから、だらりと何かが垂れ下がった。
それは、人間の腕。

ここで眼が覚めた。
嫌な汗をぐっしょりとかいている。
確かに夢なのだが、妙に現実味のあるような夢。
普段起きる時間ではなかったが、外はもう明るい。
奥さんは、台所で水を飲み、外の空気を吸うために家の外に出て、深呼吸をした。

田舎の初夏の空気は濃くて甘い。
次第に嫌な気分が薄らいでゆくのを感じた。
庭を見る。
今では夫婦二人で作った花壇になっている。
つい今しがた見た不吉な夢を思い出すが、
朝露に美しく濡れ、元気よく咲いている花々を眺めていると、バカバカしく思えるようになってきた。



65 :3/3:2007/06/06(水) 21:40:49 ID:TBEXIFmg

「もう一眠りしようかな」
そう思って、家の中に戻ろうと振り返った時に、裏山の竹林が眼に入った。
全身の毛が逆立った。
竹林の竹が、一斉に花を咲かせていたのだ。
直感的に『死』を感じた。
なぜそう感じたか上手く説明はできないが、そう感じたのだ。

奥さんは、その日のうちに、村のお年寄り達に話を聞いてまわった。
そこで分かったことは、
・元々の持ち主は、太平洋戦争前後に断絶した
・それからの持ち主は、皆、他所から来た人たちで、何人も持ち主が変わった
・自分達よりひとつ前に住んでいた家族は、あまり幸福な家族でなく、特に父子の仲が悪かった
 子供は家を飛び出して戻らず、それから夫婦二人で暮らしていたが、夫が病気になって死んでしまった
 死ぬ直前は、しきりに「電気がチカチカする」と訴えていた
と、言うことだった。

夢でみた話はとても出来なかった。
庭を掘り返す勇気もなかった。 
奥さんは、すぐに引越しを決断した。



・・・んー、まぁ、突っ込みどころはあるんだけど、こんなような話でした。
スレ汚しゴメ



96 :花咲か名無しさん:2007/06/17(日) 08:19:10 ID:oRAxv0yB
色んな鉢の植え替えのため前から置き肥してあったボカシ肥料を
小さなバケツに集めて、捨てずにそのまま忘れてしまった。

数年間も。


しかも雨晒しだった。


何故か蓋状にナニカが乗っていたが、蓋じゃないので密閉されてなかった。




数年後、蓋をあけてウンコ状のもの(激臭)を発掘し驚愕する自分がいるのだか
あの上澄みを薄めて液肥にせずバケツごと何重にもビニール袋にくるんで
即捨ててしまったのは、園芸家として漏れもまだまだだな。



140 :花咲か名無しさん:2007/06/26(火) 21:27:43 ID:c0tzS1lu
以前聞いた話で他に聞いた事がある人もいるかも知れないけど
サボテンは人の精気を吸うらしい。
特に女の人の精気が好むとか。
植物の不思議みたいな本だったかな?
どちらにせよ強い植物なので
気の弱い人とか弱っている人はたくさん持たない方がいいらしい。


141 :花咲か名無しさん:2007/06/26(火) 22:08:05 ID:hP3/HyiC
手塚治の『ブラックジャック』で、サボテンが人体に寄生する話はおっかなかった。
育ててくれている人が引っ越すので、寄生してついていこうとした・・・ってストーリーだったと思う。
サボテンを嘘発見器にかけたら反応があったという話をヒントにして、作者が作ったストーリーだそうだけど、
実際に植物に意思ってあるのかなぁ?

どっかの大学の実験林で、伐採予定の区画の木と伐採しない区画の木の電位かなんかを調べたら、
伐採予定の木々の方は、明らかに元気がなくなったそうだ。
モーツアルトを聞かせると、植物の成長が良くなるとか発酵がよくなるとか、そういう話もあったな。

ソースがあいまいなので、非常に嘘臭いんだけど、なんだか気になるw



154 :名無しさん脚:2007/07/01(日) 06:57:26 ID:xFUwZbGN
外人12人がバーベキューをしました。
適当な枝を切って串にして食べました。
11人が死にました。
串に使った枝が原因でした。
それはキョウチクトウでした。

って話テレビで見てぞっとした。
子供の頃通っていた小学校に普通に生えていた。
俺と同年代なら覚えが有るんじゃないか?岩鬼のマネ。
自分の子供を小学校に通わせる時は事前にチェックした方が良いかも。



155 :花咲か名無しさん:2007/07/01(日) 07:30:30 ID:PT2gLvHY
キョウチクトウ、チョウセンアサガオ、スズラン、etc.…
母校の校歌の歌詞に夾竹桃が入ってるから無くしてほしくは無いけど
校内にある毒草についてはちゃんと教えておかないとね。


156 :花咲か名無しさん:2007/07/01(日) 09:49:35 ID:kHlX1nRI
>>154
学校以前に並木道にあるぜw



162 :花咲か名無しさん:2007/07/01(日) 20:22:50 ID:mw/1c+BF
小さい子供がいる家庭では、毒のある植物が怖いってのは良く分かるよ
園芸種でも結構怖い毒をもっていのが少なくないし
実とか花を口に入れちゃったら、と心配するよね

↓こんな話を聞いたよ~

高熱に苦しんでいる子供がいました
母親が寝ずに看病していましたが、日ごろの疲れが出て、うたたねをしてしまいました
母親が目を覚ましたときには、その子供は亡くなっていました
枕もとには、花瓶が倒れていました

子供は、水を欲しがったのですが、母親が眠っていたので、つい、花瓶の水を飲んでしまったのです
その花瓶には、すずらんが生けてありました


すずらんって心臓止めちゃう毒があるんだよね





163 :花咲か名無しさん:2007/07/01(日) 23:05:16 ID:FT3B56+v
アイヌの言い伝えで、スズランが咲く次期に山に入ると返って来られなくなるというのがある。
スズランの香りには催眠作用があるので、山の中で寝ちゃっているうちにヒグマとかに襲われるからかも。



171 :花咲か名無しさん:2007/07/02(月) 02:46:32 ID:1pWtxSl9
ヤマゴボウも怖いぞ
ヤマゴボウの根を漬物にして食べ、中毒を起こした人もいる
「ヤマゴボウ」として売られている漬物は、モリアザミの根だ
また、ヤマゴボウの実をワインの色付けに使って中毒騒ぎを起こした例がヨーロッパにある

炒った銀杏が大好きな子供が、沢山食べちゃって中毒を起こした話は良く聞くよな
病院に着いたときは、目が釣りあがりかけていたこともあったらしい
「年の数より多く食べちゃいけない」と聞いたことがあるが、
最近増えつつあるバカ親はそういう知識とかなさそうだから特に怖い

「健康にいい」て話にすぐ飛びつくのも危険だよな
カエンタケという食毒不明だったキノコを、「漢方薬になる」という話を鵜呑みにしてお酒につけて食べた人が、亡くなっている
猛毒だったのだ
アオツヅラフジだって「心臓にいい」とかいうが、毒性の方が強いので素人療法で服用するのは危険すぎる



174 :花咲か名無しさん:2007/07/02(月) 06:18:55 ID:uurhEEG7
肺に生えてくるキノコってあるんだってね
ナントカという女優さんやキノコの研究者で
肺にキノコを生やしちゃった人がいるってテレビで見たとき、びっくりした
どこにでもいるカビだか菌で呼吸器の病気になって、外出時には酸素ボンベを携帯しないと危険な人もいるしね
袋の中でキノコがびっっしり生えている腐葉土をホムセンで見かけたときは、それを思い出して怖かった



181 :花咲か名無しさん:2007/07/02(月) 19:59:57 ID:ixkW+jdC
インドネシアかパプアニューギニアの民話。
傷つけると白い樹液が沢山出てくる木があるが、その木には女の精霊がいるという。

男が道に迷って、その木の下で野宿をする羽目になった。
その夜、どこからともなく女達が集まってきて、その男の名前を呼びながら歌い踊り、次々と男と交わった。
翌朝、昨晩遠くから流れてくる歌声を聞いた事と男が帰ってこなかった事を不吉に思った村人が、その木の下で死んでいる男を発見した。
男は木の精に精気を奪われたのだ。 

あの辺では男性の精液を、生命をつかさどる特別なものとして捕らえる文化があるそうな。
ちなみに木の名前は忘れた。
部屋で育ててみようと思っているんだけどw



230 :花咲か名無しさん:2007/07/06(金) 13:47:34 ID:OL9sAlV0
田舎に越してくる前は、クモもつかめなかったけど
今じゃ毒のない虫だったら素手で平気。
鉢を持ち上げた瞬間ナメクジ「ぷちっ」としちゃったり
たまたま足元にいた芋虫踏んづけちゃっても
「ちっ、ソコにいたあんたが悪い!」と開き直れるようになった。
環境に慣れるというのはある意味恐ろしい。


231 :花咲か名無しさん:2007/07/06(金) 20:18:26 ID:t8LIO1o/
今日もたくさん殺した。


232 :花咲か名無しさん:2007/07/06(金) 20:42:31 ID:CCxk4yRd
明日もたくさん殺すだろう。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/engei/1178783384/


関連記事



[ 2011/03/30 22:12 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/184-40aa2044





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。