スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェンヌに纏わる怖い話を

1 :(`´) [] :2005/06/19(日) 00:41:14 ID:Q7HoKr/h
教えれ



3 :名無しさん@花束いっぱい。 [] :2005/06/19(日) 01:32:04 ID:4be36oxK
セリ上がりに挟まれて胴体真っ二つに切れて、
悲鳴を上げながら舞台の上で死んだ人っていつ頃の人?
音楽学校にある石碑ってその人のやつなんでしょ?


5 :名無しさん@花束いっぱい。 [] :2005/06/19(日) 01:36:03 ID:H9/vbPgb
セリで胴体切れた時点で悲鳴あがるもなにも即死だろう



6 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2005/06/19(日) 01:43:50 ID:1PlrgR+7
ドレスのワイヤーがセリに引っかかって徐々に締め付けられていったから
悲鳴あげてたらしいよ。

と書いてはみたものの、この話はあまりしたくないな・・・
(んじゃ書くなよ 自分orz)



9 :名無しさん@花束いっぱい。 [] :2005/06/19(日) 03:33:50 ID:M2TpuHVR
宝塚歌劇団には五番目の組が存在しているらしい。
何年経っても同じジェンヌがトップとして君臨しているとか・・・
ちなみに組カラーは「紫」らしい。誰かさんの呪いかな?



52 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2005/07/25(月) 16:08:43 ID:zB8fYWgr
ジェンヌというか、宝塚にまつわる、ちょっとだけ怖い話があるので、よかったら聞いてください。

何年か前の夏のことでした。
私は応援していた生徒の出待ちを終えて、宝塚大橋を劇場とは反対側に歩いていました。
うっかりスカートを履いてきてしまったのでたくさん蚊に刺されましたが、出てきた生徒さんが
愛想よく対応してくれたため、私は非常に上機嫌でした。

大橋を半分も渡ったときだったでしょうか。
小学校高学年ぐらいの女の子が、私とは反対方向に橋を渡ってきました。
とても急いだ様子で、息せき切って走っていましたが、私の前で立ち止まると、
きちんと私の目を見てこう言いました。

「すみません。○○さんはもう楽屋に入られましたか」

○○さんとは、当時人気の高かった、私の贔屓と同じ組の若手スターでした。
女の子は白い半袖のカーディガンに赤いスカートで、細い脚はすっかり日焼けしていました。
私は彼女の子どもらしさと礼儀正しさとを好ましく思い、にこにこと笑顔で答えました。

「見てへんけど、多分もう出はったよ。○○さんいっつも、私が待ってる生徒さんより早いから。
もう夜も遅いし、お母さんが心配するからはよ帰り」

後から思えば、女の子は確かに「楽屋を出られましたか」ではなく
「楽屋に入られましたか」と言っていたのですが、
夜遅くのことでしたので、言い間違いだろうと思い、そのことには触れませんでした。

女の子はがっかりしたようでしたが、明るく言いました。

「そうですか。でも、もしかしたらまだかもしれないので行ってみます。ありがとうございました」

女の子はぱっと身を翻して行ってしまいました。私は追いかけて止めようかと思いましたが、
あまり遅くなると主人の帰宅に間に合わないため、思いとどまりました。
女の子の小さな背中はぐんぐん遠ざかり、NTT前の交差点を左に曲がって消えました。


53 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2005/07/25(月) 16:10:47 ID:zB8fYWgr
数日後、私は劇場で隣り合わせた品の良い老婦人と、幕間の雑談から意気投合し、終演後あるホテルの
ラウンジで一緒にお茶をしました。
話は弾んで、何時間も話し込んでしまった後で、私は先日の女の子のことを老婦人に語りました。
老婦人はとても驚いて、私に言いました。
その少女は白い上着に赤いスカートで、「楽屋に入られましたか」と
聞いたのではないかと。今度は私が驚く番でした。

ここからは老婦人から聞いた話です。
ベルばらが宝塚で初めて上演されてから間もない頃、
ある若手スターを熱心に応援する一人の女の子がいました。
彼女は本当にその生徒が大好きでしたが、両親が躾に厳しく、一公演につき一回の観劇と、
日曜日の朝の入り待ちしか許してもらえませんでした。
女の子は不平一つ言うことなく、週一度の入り待ちをいつも楽しみにしていました。
しかし、日曜日の千秋楽を間近に控えたある日、家族旅行先の水の事故で、亡くなりました。

まだ10歳でした。

その翌年の夏からです。
女の子の幽霊が、宝塚大橋に出るという噂が囁かれ始めました。女の子は決まって
白い上着に赤いスカートといういでたちで、夜なのに、
「△△さん(女の子が応援していたスター)はもう楽屋に入られましたか」
と聞いてくるので、すぐに分かったそうです。
生前の女の子を知る人によれば、その服装は女の子が一番気に入っていて、
週一度の入り待ちには必ずその格好で現れたとか。
決まって宝塚大橋に現れることから、女の子はファンの間で「大橋さん」と呼ばれました。
△△さんが退団されると同時に、「大橋さん」の噂はぴったりと止みました。


54 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2005/07/25(月) 16:12:24 ID:zB8fYWgr
「でも、私が会った子は、△△さんではなく、○○さんはもう入られましたかって、言いましたよ」

私は狐につままれたような心地でした。
老婦人は、自分にも分からないが、女の子は今でも宝塚を観ているのではないか、
そういえば○○さんは、現役時代の△△さんと雰囲気がよく似ている、と曖昧に答えました。

またこうも言いました。怖がることはない、大橋さんに親切にしてあげたファンの贔屓は、
必ず出世するというジンクスがあると。

私は老婦人と別れたその足で、本屋さんに向かいました。
そして、宝塚名鑑といいましたか、宝塚の歴史を写真付で解説した分厚い本を手に取りました。
名前しか聞いたことのなかった△△さんは、立ち姿といい横顔といい、○○さんと本当によく似ていました。

更に数ヵ月後。
私が「大橋さん」と出会い、老婦人と出会った公演の次作にあたる作品で、
路線から外れたとばかり思われていた
私のご贔屓が、新人公演の主役に抜擢されました。

もちろん、ただ偶然が重なっただけの話かもしれません。
でももし万が一、そんな女の子を見かけたら、皆さん親切にしてあげて下さいね。
この頃、生徒叩きが高じて、ファンまで叩く人が出てきているので、少々心配です。
○○さんは今も在団中の男役さんであることを言い添えておきます。
長文失礼しました。



56 :名無しさん@花束いっぱい。 [] :2005/07/25(月) 19:08:11 ID:+bo6xVOr
大橋さん、私も聞いたことある!
宝塚大橋で○○さんの悪口言ったり、
話し掛けてきた大橋さんを無視すると、
その人の贔屓は急に退団したり、
路線なのにいつまでもトップになれないらしいよ。



156 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2009/06/06(土) 15:37:13 ID:7McTZjBa
ジェンヌに纏わるというか劇場に纏わる怖い話し。

東宝の売店?デザート売ってるところの向かい側にある
1個しかないトイレの横の椅子に、6年ぐらい前から
いつ行っても必ず同じ白髪のご婦人がいる。

細くて小柄な品のいい奥様って感じの人で、
小さい花柄のジャッキーがジェラルドとタップ踊るときみたいなワンピース姿。
開演前、幕間、終演後問わずいつも同じ場所で
背筋をまっすぐ伸ばして楽しそうにロビーを眺めてるんだけど、
初めて夜公演を観劇した時、終演後に人が少なくなっていくロビーに向かって
困った顔で置いて行かないでって感じに手を伸ばしていたのを見てちょっと怖かった。

毎日通い詰めてる生きてる熱烈なファンの可能性も無くはないけど、普通に考えてアレですよね。
ただ、他にその類ものをの見たことがないので本物だと断言できる自信はない。
誰か見たことある方いませんか?



204 :名無しさん@花束いっぱい。 [↓] :2011/02/20(日) 18:21:51.05 ID:aYVXgMsC
96期生のいじめ話に勝る怖い話など聞いたことがない
なんであんなのがのさばってるんだ、のうのうと。



206 :名無しさん@花束いっぱい。 [] :2011/02/21(月) 11:12:39.88 ID:4LPSR/Sy
チケが売れないトップは責任とらされるそうな。
辞めるか、続けたいなら貢物が必要なそうな。
怖いですね怖いですね。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/siki/1119109274/1

関連記事



[ 2011/04/06 21:32 ] 怪談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/191-03cc77d5





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。