スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラシックの偉人たちの逸話

1 :番組の途中ですが名無しです [↓] :2006/07/10(月) 11:12:30 ID:5ov80pRI0 [PC] ?#
教えれ


2 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:12:50 ID:P4Y1RNxH0 [PC]
モーツァルトはスカトロマニア



3 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:13:19 ID:8FUWwKth0 [PC]
ベートーベンはトイレ行くの面倒なので、ペットボトルに溜めてた。


4 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:13:48 ID:p8B7OGJK0 [PC]
モーツァルトはおまるにウンコして部屋の窓から外にぶちまけたりしてた。
一方でウンコ大好きちゅきちゅき結婚したって曲も書いた。



6 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:14:29 ID:djv3zZOl0 [PC]
バッハは歯を磨いたことが無い


7 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:15:07 ID:12GeufgO0 [PC]
チャイコフスキーはホモだった。
それがばれないように毒殺された。


8 :番組の途中ですが名無しです [↓] :2006/07/10(月) 11:15:17 ID:QGvs0zzY0 [PC]
クライスラーは「モーツァルトの未発表曲を発掘したあ~」と自作曲を発表したが
民衆があっさりだまされると「もまいら!そんな簡単にだまされるな!」とおこった



38 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 11:30:31 ID:12GeufgO0 [PC]
たまには、まともっぽいものを。
ショスタコは交響曲第5番の第3楽章を3日で書き上げた。



62 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 12:11:37 ID:g39Q10840 [PC]
サティはキチガイ
自分で宗教団体を立ち上げ機関紙も発行していた。ただし信者はサティ一人だけ



64 :番組の途中ですが名無しです [↓] :2006/07/10(月) 12:12:19 ID:rl9P9Np70 [PC]
サティは強迫神経症で、同じ服を何着も持っていて必ずそれを着回し、
敷居をまたぐ時なども必ず決めた方の足から。

これ何で読んだんだっけな…



66 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 12:19:55 ID:xRcxv5v20 [PC]
グレン・グールドは楽団員がワイシャツを捲くっている気温に、厚着をして手を温めると称してお湯で手を温めていた。

また、まだ起きているよね、と夜中の三時にバッハの曲で共演したヴァイオリニストに長電話をした。
ピアノ協奏曲を弾く前に椅子の高さが合わないと言って、交響楽団と聴衆の前で延々と三十分も調節して、やっと椅子についた。
バーンスタインと意見が合わず、わたしは納得しないのだがとバーンスタインに聴衆たちに延々と言い訳をさせてブラームスのピアノ協奏曲を弾いた。

ちなみにパガニーニは若いときの放蕩がたたって真夏でも毛皮を着なければならない体になってしまった。
当時のヨーロッパではパガニーニの名前を冠したもの、たとえばパンもそのひとつだったが、大流行したくらいのアイドルだった。


67 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 12:23:00 ID:xRcxv5v20 [PC]
カナダの大ピアニストであるグレン・グールドは夏目漱石のファン。


87 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 12:59:27 ID:kMkoA1ZI0 [PC]
グールドはネタの宝庫だよ
スープみたいな流動食とたまにクラッカーしか食わなかったんだっけ
あとは栄養剤、、享年50、、惜しすぎる



81 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 12:51:15 ID:p3no+l8E0 [PC]
ゲーデルは晩年統合失調症になり餓死した



88 :番組の途中ですが名無しです [] :2006/07/10(月) 13:00:50 ID:LGlKZZZ60 [PC]
有名話。
ベートーベンは耳が不自由になって、今のボディソニックのように
ピアノの震度を直接体で感じて音を感知してた。

その前の耳がまだ僅かに聞こえている時は、補聴器の代わりに小さな
ラッパを耳につけていた。ラッパ式蓄音機のあの方式。



119 :番組の途中ですが名無しです [↓] :2006/07/10(月) 20:06:58 ID:wKowRBvE0 [PC]
偉人サンたちの肖像画のじゃばらの首の襟巻きはフケ止め
指揮棒はズラで蒸れ蒸れ&シラミで痒い頭をそっと掻くため…

って中学の時の音楽の先生がこんな話ばっかりしてたけど
これらはホントの話なの?

そういえばバッハは山田隆夫みたいなものだ、とも言っていたが、
意味が分かるのにかなりの年月を要したw

http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1152497550/






関連記事



[ 2010/12/23 17:23 ] 実話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/85-f44b858a





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。