スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

達人武勇伝・武道家逸話集

1 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/12(金) 06:45:47 ID:ppujYHJ10 [PC]
化け物みたいな強さを伝える武勇伝から
人間味溢れるこぼれ話まで、武道家の逸話を募集します。
嘘か誠か分からぬ話も多々あれど、
達人たちの一端が垣間見えるはず。



2 :こんな感じで [] :2005/08/12(金) 06:47:49 ID:ppujYHJ10 [PC]
大山倍達
・固定しないビール瓶の首を手刀で切り飛ばした。
・素手で牛と戦い、角をへし折って勝った。
・10円玉を指で曲げることができた。



3 :こんな感じで [] :2005/08/12(金) 06:50:07 ID:ppujYHJ10 [PC]
黒田泰治鉄心斎
・大陸で馬賊に襲われた時、相手を小銃ごと真っ二つに斬った。
・暗闇のなかで円陣を組んだ目録・免許の人間の面、篭手をすべて受け応じ、打ち返した。
・真っ向から切り込んでくる真剣を扇の要で受けることができた。
・あるときその扇の要が割れてしまった。おっと危ないと頭を左に避け、肩に傷をおった(要が割れてから真剣が頭に達するまで数十分の一秒)
・米俵ほどの太さの巻藁二つ(中に砂の詰まった孟宗竹が三本)を、刃のついていない刀で一息に切って落とした。
・宙に投げ上げたマッチ棒を居合で斬断することができた
・力士五人に押さえつけられた状態からいとも簡単にすっくと立ち上がった。
・鳥獣店の高級金魚に気を当ててすべて気絶し、ひっくり返して浮かせた。店主が慌てていたところ、また気を当てて元に戻した。



4 :もういっちょ [] :2005/08/12(金) 06:53:15 ID:ppujYHJ10 [PC]
黒田正郡龍心斎
・放り投げた青竹を落下するまでに三つに切ることができた。
・川上から色々な角度で流れてくる板をすべて中心を取って真っ二つに切った。
・猫が頭上を飛び越えたとき刀を立てる。猫は正郡の背後に二つになって落下。
・流れ落ちる水を切ることができた(水は切れた隙間ができたまま流れる)



5 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/12(金) 08:20:47 ID:ppujYHJ10 [PC]

若木竹丸
・140kgのベンチを胸で受けて、シャフトを曲げた。
・体重は70kgだがベンチは230kg上げられた。
・柔道未経験で柔道五段に柔道ルールで勝利。
・二本指で逆立ち歩行可能。
・ブリッジした身体に何人もの男を「立ったまま」載せることができた。



7 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/12(金) 10:19:39 ID:F9jdAjT4O [携帯]
林崎甚助
この人の居合は目で見る事が出来ず
音を聞くことだけできたという。



11 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 03:01:11 ID:psGhuWP20 [PC]
植芝盛平
25m離れた場所から6人に銃撃されたが一瞬のうちに弾をかわし間合いを詰め投げた


12 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 05:58:46 ID:k3egtnu90 [PC]
>植芝盛平
殺気が金の玉になって飛んでくるのが見えるからそれをかわせばいい。
だっけ。




13 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 06:35:03 ID:psGhuWP20 [PC]
うん


14 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 08:52:59 ID:k3egtnu90 [PC]
じゃあ植芝盛平でもひとつ。
無学文盲だが鉄砲名人と呼ばれている男が、
本当に植芝が鉄砲をかわせるのか知りたいとやってきた。
植芝の前に座り、狙いを定めたところ植芝はこう叫んだ
「待て!あんたの鉄砲は当たる!」
弟子の塩田剛三が当たりますか?と聞いたところ
「この人のは当たる。何故ならこの人の心には殺気がない。これでは俺も当たってしまう」



17 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 12:02:14 ID:k3egtnu90 [PC]
井上康生
・小学4年生の時、父親を背負って130段の石段を上り切る。
・忘れ物、なくしものが多い(パスポート、黒帯、財布、携帯電話…)
・そしてフランス国際大会で獲得した金メダルを紛失



21 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 18:08:41 ID:k3egtnu90 [PC]
アレキサンダー・カレリン
・120kgの大型冷蔵庫を担いでアパートの8階まで駆け上がった。
・腰まで積もった雪の中を両脇にマキを抱えてランニングを日課としていた。
・レスリング最重量級にて13年間無敗
 オリンピック3連覇
 世界選手権9連覇
 国際大会76連勝
 公式試合300連勝
・趣味は詩を書くこと、クラシック音楽の鑑賞。



28 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/13(土) 20:58:26 ID:u//A5Nc+O [携帯]
戸田清源

・・・時代劇映画「たそがれ清兵衛」の主人公が、トダ流小太刀術の遣い手と描写されていたが、おそらくは戸田清源を流祖とし、現在は不明となった戸田流のことであろう。
清源は常人並みの目立たぬ体格で、また若年に眼病を患い、夜は屋内を膝で這って移動したという半盲の身だったが、その小太刀の技は冴え、
ある時、三尺五寸鉄張りの長木刀で試合を挑んで来た剣客を、庭で拾った一尺二寸の薪で、片手打ちに打ちのめして倒した記録が残されているという。



36 :名無しさん@一本勝ち [↓] :2005/08/14(日) 11:50:00 ID:8ieWKYtf0 [PC]
>>28
それって中条流の冨田勢源?
鐘捲自斎や佐々木小次郎にも教えたのではないかと言われてる人。
加賀前田家の重臣で、「名人越後」と呼ばれた富田越後守重政の伯父。
時代考証から小次郎への指南は自斎ってのが通説。
当て字的に戸田姓や戸田流を名乗ったらしいことは知られてる。



38 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/14(日) 13:26:32 ID:rfdEsO3i0 [PC]
塩田剛三
・大陸に渡り、向こうの女郎屋で支払いを踏み倒す。
やって来た用心棒の顔面に、割った酒ビンを突き刺し失明させる。
そのまま朝まで居座り、酒を飲み続けた。

・内弟子が、塩田氏がしゃがんでいるのを、「今なら勝てるんじゃないか」と思い、
後ろから襲ったら、振り向かずに木刀で腹を突かれ、肋骨骨折。


39 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/14(日) 14:02:11 ID:E0ibTy6M0 [PC]
合気道開祖 植芝盛平 翁
・夜中、塩田剛三ら高弟が道場で寝ていたところ、盛平翁が木刀片手に駆け込んできて、
神棚の方向へ向かって木刀を一振り!
電気をつけたら首と胴体の離れたネズミの死体が転がっていた。
盛平翁、弟子たちに「貴様等!道場にいながら何故に気付かん!」と一喝。
「神様が夢に出てきて『ネズミが供え物を食うとる』と教えてくれたんじゃ~!」



42 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/14(日) 15:48:33 ID:x1kDWRC1O [携帯]
ケチをつけるだけなのもなんなので
双葉山
69連勝という今だ破られざる記録を残した大横綱だが、
子供のころは大して相撲は強くなかった。
地域の運動会の代表選手にもなれなかった。



43 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/14(日) 18:20:33 ID:x1kDWRC1O [携帯]
双葉山は記録を打ち立てた時も含め
右目がほぼ失明状態だったが
引退するまでそれを誰にも明かさなかった。



50 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/15(月) 01:20:24 ID:5xa6QZpf0 [PC]
塩田剛三
・ケネディ大統領のボディーガードを組み敷いた。(ケネディの自伝に記載)
・腕相撲で伝説の柔道家、木村政彦に勝った。
・空手家が他流試合を申し込みにやってきた時のエピソード
 空手家「私とお手合わせ願います」
 塩田「えぇとそれでぇ・・・いつぅやるのですかなぁ」(モウロクジジイのフリをしながら)
 空手家「今この場で・・・」
 言い終わるやいなや塩田氏の人差し指が空手家の喉元を直撃。空手家、救急車で運ばれる。



59 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/15(月) 08:29:51 ID:+YGq9wX20 [PC]
塩田剛三はNHK朝の連続テレビ小説が大好きで欠かさずに見ていた。
8:30に会う約束をした弟子が数分早く部屋を訪れたところ塩田は大激怒。
タイミングの武道である合気道を極めた人間は時間にもうるさいのであろう。



176 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/19(金) 00:13:14 ID:J/YTdLM40 [PC]
青木宏之は道場で弟子に対して
「隙あらばいつでも打ってきなさい」と言っているそうです。
それで実際、一見隙がありそうでも攻撃をかわしてしまうのだとか。
そんな青木氏が攻撃をまとに食らって硝子につっこみ
怪我をしてしまったときがあって、
しかもその攻撃は突っ込んでくるような単純なものだったとか。
青木氏は自分がなぜあのような単純な攻撃をかわせなかったのか考えてみて、
身体が仲間を守ったのだと思い至ったそうです。
つまり攻撃してきた相手は本当の敵ではなく仲間であり、
ここで自分が攻撃をかわしてしまったら、
仲間は硝子につっこんで怪我をしてしまう。
身体がそこまで察知して仲間を守ったのだというんですね。
こういった話に共鳴できる人は新体道に興味を持ち、
共鳴できない人は青木はうさんくさいと思うのでしょう。



201 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/08/20(土) 22:27:33 ID:DRC0tl3p0 [PC]
ある剣豪が自分の跡取りを決めるため三人の息子を試みた。
ふすまを開けた瞬間に木片が落ちてくる細工をした部屋に、
一人一人を呼ぶというものである。
一人目は、落ちてきた木片で頭を打ってしまった。
二人目は、木片が落ちてきた瞬間にこれを切り上げて切断した。
三人目は、ふすまを開ける前に木片に気づき、細工を取り払って部屋に入った。
剣豪は三人目を後継者に決めた。

こんな逸話を聞いたことがあるんだけど、誰の話だか忘れてしまいました。
この剣豪って誰だっけ?



204 :堅の字 ◆8IjDo/eb.c [↓] :2005/08/20(土) 22:34:58 ID:GOp1VDS90 [PC]
>>201
塚原卜伝だったと思います。



206 :名無しさん@一本勝ち [↓] :2005/08/20(土) 22:37:11 ID:Mldc8Z9n0 [PC]
>>201
一人目は、落ちてきた瞬間に切って
二人目は、おちたのが木片だから気づいてきるのをやめて
三人目はふすまを開ける前に取り除いた

じゃなかったか・


207 :201 [] :2005/08/20(土) 22:42:14 ID:DRC0tl3p0 [PC]
>>204 thx!
>>206 そうだったかも。記憶があやふやだったもので。

流石は武道板だね。
みなさんよく知っていらっしゃる。



237 :名無しさん@一本勝ち [↓] :2005/08/25(木) 22:15:24 ID:urPr5lV50 [PC]
室伏広治の高校生時代、巷の高校陸上界で囁かれていた伝説。

・高校時代、夏休みの合宿で遊びで槍投げやったらその年のインターハイ
優勝記録を破ってしまった。
・立ち幅跳びで、普通の高校生の走り幅跳び以上跳んだ。
・しかし1500メートル走の記録は6分台だった。



273 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/01(木) 17:15:36 ID:mR+PjT3l0 [PC]
・学生時代、柔道日本一になった木村は
「自分は日本一になったのだから、今後はもう誰にも負けられない。
 もし負けるようなことがあれば、切腹して果てる。」と、決意。

・その後も猛特訓に明け暮れるが
「もし、負けたら、自分は本当に切腹出来るのだろうか?」
 という不安が、頭から離れなかった。

・それを確かめるべく、或る日、小太刀をわき腹に刺してみた。
 「・・・よし、後はこれを右に引くだけだ。
  ・・・出来るのか?
  ・・・・・・・・
  ・・・出来る! よし、大丈夫だ!自分は切腹出来る!」

 以後、木村の迷いは消え、全力で稽古に打ち込める様になったという。


274 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/01(木) 17:17:37 ID:mR+PjT3l0 [PC]
↑「木村政彦」が抜けてました。


275 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/01(木) 17:58:17 ID:mR+PjT3l0 [PC]
木村政彦
・その後木村の稽古はどんどんと苛烈さを増して行った。
・そしてたどり着いた境地が「三倍努力」。
・言葉は地味だが「三倍努力」というのは
 「これ以上、もう微塵も出来ない。本当の限界だ。」
 と感じたら、「よし、じゃあ、あとこの二倍やってやる。」
 というもの。(計三倍)
・その後、「三倍努力」でも足りないと感じはじめた木村は、
 ついに「四倍努力」にチャレンジ。 しかし、体の調子がどうもおかしい。
・そこで骨休めに、と、踊り子のショーを見物に行ったが、
 驚いた事に、ダンスをしていたはずの踊り子たちが、
 突然、柔道着に着替えて乱取りをはじめたではないか。
・そこで我に返った。もちろん踊り子たちは普通に踊っていた。
 木村はしらふでも幻覚を見るようになっていた。
・「やばいぞ、このままでは死んでしまう。四倍はやめよう。」
・こうして木村の稽古は「三倍努力」に戻り、以後、迷う事無く打ち込んだという。

・その後、木村は本当に総ての試合で勝利し続けた。
 プロレスで力道山に負けるまでは。     完



292 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/03(土) 22:07:34 ID:g6FbLcwPO [携帯]
渡嘉敷親雲上(とかしき・ぺーちん)

江戸時代の琉球で、トンチ武術家として人気者だったという人。
卓上の徳利を上から掌で一撃して砕いたというから、唐手の腕も相当にあったらしい。

・・・そんな彼が、当時琉球を支配していた薩摩藩に、船役人として派遣されていた時、彼の腕前の噂を聞き付けた薩摩武士の一人に、俺の打ち込みを唐手で受けられるかと立ち合いを挑まれ、島津公の御前で試合をすることになった。
彼は試合に臨んで、一つの条件をつけた。
「御屋敷の廊下に、長ゴザを敷いた上で試合をしましょう」
相手も素手対木刀という無理をふっかけた手前、一種の交換条件として、渡嘉敷の申し出を呑むこととなった。

そして御前試合開始。
薩摩武士が掛け声もろとも木刀で打ち掛ったが速いか、渡嘉敷はヒラリと身をかわしてゴザの端を捲り上げ、思い切りグイッと引っ張る。
引かれたゴザに足をすくわれた武士は逆さまに引っくり返り、頭を打ちつけて目玉を白黒。島津公は大笑し、渡嘉敷の奇智を誉めて褒美を与えたという。



307 :某vsスレより借用 [] :2005/09/15(木) 06:23:59 ID:VoB4VtF90 [PC]
「合気道の稽古は決して過激でないので老若男女いずれにもでき理想的な健康法であります」
と棒読みで喋っていた某達人の噂。

中国大陸での出来事。
空手家が中国人捕虜を虐待していたので、
「そんなに、殴ったら捕虜が、かわいそうだろう」といい、虐待をやめさせた。
そして「俺が手本を見せてやる」といい
地面に後頭部を叩きつけて、捕虜の頭蓋骨を陥没骨折させて一撃で殺した。



336 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/18(日) 10:28:02 ID:5CCtCrUK0 [PC]
やっぱ大山倍達、だな。
・毎晩喧嘩していた
・強い奴がいると聞くと電車に乗り喧嘩に行った。わざわざ九州まで行ったこともある
・大阪でヤクザ連と喧嘩になりそばにあったドラム缶を叩いたら穴開いた
・腕相撲の強い寺の坊さんと腕相撲する為わざわざ電車遠くまで行った。
・終戦直後レイプだの暴れていた米兵を毎晩殴り歩き取り上げた拳銃を売り生活
・いよいよ金が無くなるとヤクザの賭場を襲い金強奪
・友達三人で仕事をしたら他の二人が取り分で揉めたので激怒し「友情が大事だ!」
と300万相当全額燃やしてしまう(その二人現在は某有名お菓子屋社長と有名レストラン社長)
・半ば強奪のような形で結婚(結婚に反対だった奥さんの実家の塀を激怒のあまり正拳破壊)山で
・妊娠した奥さんをほっぽりだし通算3年の山篭り
・山で空手界初の自然石割り、レンガ二枚割り、2本指での逆立ち、ローソクの火を
正拳の風圧で消す、などなど
・山から降り、逃亡中の豚を捕まえ抱えて養豚場に返し感謝されお礼の豚汁腹いっぱい食べる
・牛と70頭あまりと戦いうち7頭は即死(角を叩き折る、正拳でブン殴る、牛を体落としでブン投げる)
・レンガを両手で握り引きちぎる
・熊と闘うため北海道へ、諸事情で実現せず。
・海外修行!色んな奴をブン殴る!!
・先輩の木村政彦を倒した力道山を倒すため夜な夜な待ちを探し歩く
・金も無いのに3階建ての会館設立。出来上がる当日まで借金に奔走。大工は会館にバリケードを
はり進入を阻止
・宮本武蔵を読み感動し次の日には作者の吉川英治をたずねる。しかし会ってくれず
・あきらめず毎日通う。そのうち吉川邸の付近を掃除、お手伝いさんの仕事(まき割りなど)を勝手にやり始める
・見かねたお手伝いさん、吉川に会ってあげてと哀願。コレが縁で極真の道場訓を作ってもらう
・宮本武蔵の悪口を言った小説家にわざわざ自宅まで抗議に行く
・動物園に弁当持参で行き猛獣に一日ガンつける
まだまだある・・



350 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/23(金) 01:41:59 ID:8gisb7+60 [PC]
大山倍達2
・10代の頃空腹のあまり食堂前で倒れていたのを助けられる。その後なんと半年居候。
・奥様と出会った当時拓殖大学だったが奥様に「早稲田じゃないんですか?」と言われ拓殖を即
 退学し早稲田へ入学
・強奪同然で結婚した奥さん。結婚もしてないのにマス大山「熱海にいきましょう」勝手に新婚旅行をやる
・すぐに帰れると思っていた奥さん帰れない・・・
・新婚旅行1週間で大金(その当時なんの商売でも始められたという金額)を全額使う空手バカ
・その後東京に戻るかと思いきや空手バカは奥様を熱海の知人に預けいずこかに去る
・奥様の本名は照子。空手バカ、「照子という名前は沢山の男が呼んだだろうからヤダ!置八子さんに改名しなさい」
 なんと改名させる。奥様了承。
・若木竹丸の著書「怪力法」を読む。即自宅へたずねて教えを請う空手バカ
・黒崎健時ら数人の弟子との合宿。毎日地獄の特訓。数日で終わると思っていた弟子。
・一週間たっても合宿をやめない空手バカ。なんと3ヶ月、合宿は続いた。
・バス落下事故に遭遇した空手バカ、乗客を全員助ける。



351 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/09/23(金) 08:00:36 ID:JF64P/vf0 [PC]
大山さんは行動力過剰ですなー。



352 :名無しさん@一本勝ち [↓] :2005/09/23(金) 20:02:12 ID:vZiMg7Hm0 [PC]
三ヶ月合宿とか考えただけでも気が遠くなるな



390 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/10/10(月) 18:41:38 ID:Zupb9Spl0 [PC]
ナレスワン
シャム王国(現在のタイ)の王。
ムエタイを兵士のトレーニング方法として導入。
ナレスワン大王は自らもムエタイの達人であった。
ある時、敵軍の捕虜になってしまったが、
敵軍の中で最も強い兵士と一騎打ちをして勝ったら
釈放するという条件のもとで戦って
あっさり最強の兵士に勝ってしまい、
帰還したと伝えられる。



448 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/11/19(土) 15:55:21 ID:TlSuKJFg0 [PC]
男谷精一郎信友
・江戸時代の道場剣法では最強との呼び声も高い剣豪。
他流試合を積極的に行い、試合の挑戦はすべて受けた。
試合の内容は悉く、三本勝負を行って一本だけは相手に取らせるというものだった。
あと少しで勝てそうに見えるが誰も二本目を取ることができない。
そのように勝ち負けをコントロールするのは
腕に絶対の自信がなければできることではない。



451 :名無しさん@一本勝ち [↓] :2005/11/23(水) 02:06:16 ID:ZNT+m5/u0 [PC]
ここまでで清水白鳳(タレント清水あすかの父)の話が出てないのが不思議だ。
旧紙のプロレスのインタビューは吉田豪がムツゴロウにやったのと
並んで最高のお気に入り。
清水氏、とてもうさんくさいのだがとんでもなく素晴らしい身体(たぶん現在名のしれた武道家では
最強の筋肉量)を見ると、信憑性があるんだよなぁ。
一子相伝のため弟を亡くしている、笑いの修行のため欽ちゃんに弟子入り、ジャングルで1年間独り
で暮らす…などなど必見。

木村政彦は犬を食ったり力道山を呪い殺したり稽古すると勃起して涎たらしたり…
比べると大山倍達は全然常識人。力道山もあの当時のヤクザを毎日ぶん殴ってたというから
強烈というより異常者。クラブで黒人の演奏が気に入らないとサックスをむりやり捻じ曲げ、
「ニグロ、サノバビッチ!」と言いながらステージを破壊。
その後「これで新しい楽器を買え」と札束を投げる。どおくまんかよ。



457 :名無しさん@一本勝ち [] :2005/12/05(月) 22:07:35 ID:E7WnDqJ/0 [PC]
中村半次郎
別名「人切り半次郎」。
西郷隆盛の側に付き沿い、示現流の太刀で幕末の苛烈な実戦を切り抜けた。
自宅の庭や近くの樹木を相手に、柞でつくった木刀で一日八千回打ちつけるのを日課としていた。
その猛烈な鍛錬のため、付近の径三、四寸の樹木がことごとく折られたという。

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1123796747/

神技・塩田剛三 [DVD]
神技・塩田剛三 [DVD]
posted with amazlet at 10.12.27
クエスト (2000-12-01)
売り上げランキング: 27473





関連記事



[ 2010/12/28 17:25 ] 実話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okarutokari.blog135.fc2.com/tb.php/93-a08955c0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。